HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:脳と発達

脳と発達

日本小児神経学会の機関誌で,日本を大豊する小児神経専門誌.

2021年 Vol.53 No.3 2021-04-27

定価:1,650円(本体価格1,500円+税)

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

=巻頭言=
マススクリーニング  竹島泰弘

=小児神経施設紹介=
“Think Globally, Act Locally”  福岡市立こども病院小児神経科

=リレーエッセイ=
偶然か 必然か  石垣景子

=特集・第62回日本小児神経学会学術集会=
(2020年8月17日~20日,ライブ配信・9月1日~30日,オンデマンド配信)
<会長講演>
理を知り病を癒す ―小児神経学の未来へ向けて―  佐々木征行
<ガイドライン統括委員会小児けいれん重積治療ガイドライン改訂WG主催セミナー>
小児けいれん重積治療ガイドライン改訂に向けて  菊池健二郎,前垣義弘
<医療安全委員会主催セミナー>
さらに前に…小児神経領域の医療安全  是松聖悟,竹島泰弘
<共同研究支援委員会主催セミナー>
日本小児神経学会が支援する共同研究課題報告  森本昌史,萩野谷和裕
次世代解析を生命科学の進歩や創薬へつなげるために  小坂 仁,萩野谷和裕
<災害対策委員会主催セミナー>
災害をシミュレーションしてみよう  木村重美,米山 明,山下裕史朗
<社会保険・薬事委員会社会保険小委員会主催セミナー>
小児神経と遠隔医療  中川栄二,田沼直之
<社会保険・薬事委員会薬事小委員会主催セミナー>
使用に制限のある薬剤の実態と問題点  中川栄二,吉永治美
<脳と発達・Brain & Development編集委員会主催合同セミナー>
和文・英文両機関誌に求められる使命と役割分担  山本俊至,小林勝弘
<小慢・指定難病に関する委員会主催セミナー>
希少難病に対する治療法開発の促進と課題に対する対応  小牧宏文,山形崇倫

=短報=
急性期に抗GM1抗体を含む種々の抗糖脂質抗体が検出された急性弛緩性脊髄炎の1重症例
  増田知佳,親里嘉展,藤川朋子,藤村順也,金川温子,中尻智史,沖田 空,阪田美穂,西山敦史,米谷昌彦
てんかん発作を契機に診断された48,XXYY男性の1例  大澤由寛,荒井萌子,夏目岳典,髙野亨子,福山哲広

=海外留学体験記=
米国で小児神経内科トレーニングを修了して  桑原功光

=報告=
第18回「医療的ケア」研修セミナー  宮本雄策,山下裕史朗,米山 明

=地方会=
第24回日本小児神経学会甲信越地方会(2020.11.8)
第90回日本小児神経学会九州地方会(2021.1.10)
第78回日本小児神経学会北陸地方会(2021.2.7)

=ニュース=
専門医ニュース
共同研究支援ニュース
人事往来
内外の学術集会
国立精神・神経医療研究センター小児神経セミナー
令和2年度福山幸夫アワード
第6回小児神経学サテライトセミナー

=議事録=
理事会
熱性けいれん診療ガイドライン改訂WG
ホームページ委員会
社会保険小委員会
教育委員会
脳と発達編集委員会

編集後記

ページの先頭へ戻る

バックナンバー一覧

2021年 Vol.53
No.5最新号
No.4
No.3
No.2
No.1
2020年 Vol.52
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
2019年 Vol.51
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
2018年 Vol.50
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1