HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:診断と治療

診断と治療

最新の医学情報を最高の執筆陣でお届けする内科総合雑誌のパイオニア!

わが国の内科総合誌のパイオニアで,数ある総合誌のなかでも抜群の安定性と評価を誇る.

新進気鋭の編集委員を迎え,最新情報を盛り込み読みごたえ満点.

連載 「症例を俯瞰する総合診療医の眼」 「人気の診療科紹介」 「注目の新薬」.

増刊号も毎回シャープな切り口と実際的な内容が大好評.

2色刷のビジュアルな誌面.

2016年 Vol.104 No.12 2016-12-06

知っておきたい関節リウマチの診断から治療

定価:本体2,500円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

focal point――特集のねらい/竹内 勤
◆診断
関節リウマチ分類基準の変遷/亀田秀人
関節リウマチの鑑別診断/岸本暢将
関節リウマチの診断時に行うべき検査/三森経世
関節リウマチの疫学と予後/中島亜矢子,他
◆検査・評価
関節リウマチの疾患活動性評価法/川畑仁人
血液検査の読み方/金子祐子
関節単純X線とエコーの読み方/綾野雅宏,他
日常リウマチ診療における関節エコーの活用/池田 啓
MRIの有用性/保田晋助,他
疾患活動性評価の実際と日常診療における活用法/田中栄一
◆治療の考え方と実際
treat to targetの考え方と実地診療における活用/川人 豊
NSAIDsとステロイドの使い方/川合眞一
MTXを中心とした抗リウマチ薬の使い方/鈴木康夫
生物学的製剤の使い方と今後の動向/中野和久,他
低分子化合物の現状と今後/山岡邦宏
妊娠希望女性,妊婦における治療の実際/後藤美賀子,他
臓器障害を有する症例における治療/松本 功
◆連載
◎症例を俯瞰する総合診療医の眼
敗血症性ショックを一時離脱,その後もショックを繰り返した85歳男性/永田祐子,他
◎人気の診療科紹介
大阪府立急性期・総合医療センター関節リウマチ・バイオサポートセンター/藤原弘士
◎注目の新薬
イフェクサーSR®カプセル(ベンラファキシン)/池田真優子,他
◎臨床例
回腸憩室穿通にて回盲部切除術を施行した12歳男児の1例/寺川裕史,他

ページの先頭へ戻る

ねらい

 関節リウマチ(rheumatoid arthritis:RA)の診断と治療は直近の5~6年間に大きな変革を遂げた.新分類基準,新たな関節画像診断モダリティ,新寛解基準,目標達成に向けた治療戦略,治療リコメンデーション・ガイドラインの改定,など枚挙に暇がない.この変革を推し進めた原動力は,薬物治療の進歩や治療評価法の進歩であり,それらを利用した豊富で質の高い臨床研究の積み重ねであった.臨床的寛解が現実的な治療目標となり,関節破壊進行の阻止,日常生活動作をほぼ正常に維持する機能的寛解を目指した治療に向けて大きく前進している.
 診断は,2010年,23年ぶりに分類基準が改訂され早期診断が行ないやすくなった.そのなかで,重みを増した自己抗体と新たに取り入れられた炎症反応は,いずれも検査による客観的指標である.RAに特異性が高い抗シトルリン化ペプチド抗体(anti-citrullinated peptide antibody:ACPA)陽性と,陰性によってRAを分子分類できる可能性も指摘されている.
 臨床的評価の手法はますます洗練され,疾患活動性,関節破壊の評価法の進歩も著しい.寛解をより厳密に評価できる指標としてSDAI,CDAI,Boolean基準などの新しい指標が提案された.一方,関節破壊に関しては,van der Heijde modified Sharp Score(vdH-sharpスコア)が,治験や臨床研究で使用されてきた.最近ではMR評価なども一部の治験に取り入れられている.超音波,MRや他の画像モダリティによる先進的関節破壊評価法は,これからもホットな領域として,注目を集め続けるであろう.
 薬物治療に関しては,臨床的効果を最大化するための工夫,重篤感染症に対するリスク評価とマネジメント,薬剤導入タイミング,寛解と関連する要因,薬剤減量・中止の可能性など,日本から世界に向けて発信された情報は数知れない.
 本特集では,診断,検査・評価,治療の三つの領域で中心的活動をされている第一線の研究者にご執筆いただき,今,関節リウマチ診療の現場で知っておくべきポイントを網羅していただいた.皆様の日常診療の一助になれば幸いである.

慶應義塾大学医学部リウマチ内科
竹内 勤

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2018年 Vol.106
No.9 特集/コモンディジーズとしての内分泌疾患・電解質異常最新号
No.8 特集/がん診療における心血管合併症:onco-cardi
No.7 特集/便秘と下痢の最前線―診断と治療のパラダ
No.6 特集/サルコペニアと高齢者疾患(仮)
No.5 特集/職場のメンタルヘルス
No.4 特集/腎疾患診療の未来 最新知見のエッセンシ
No.増刊号 特集/イラスト神経診察−OSCEから難病診断そし
No.3 特集/糖尿病診療アップデート 2018
No.2 特集/血管の炎症を俯瞰する
No.1 特集/先制医療 予防医療の最前線
2017年 Vol.105
No.12 特集/内科救急と画像診断・IVR〜検査から治療法
No.11 特集/肺がんアップデート〜基礎から最新トピック
No.10 特集/妊婦さんへの内科治療―リスクと安全を考え
No.9 特集/脂質管理を一歩深める
No.8 特集/不整脈診療 初期対応から先端治療まで
No.7 特集/一般臨床医に必要なてんかんの基礎知識と
No.6 特集/プライマリケアで知っておきたい漢方診療の
No.5 特集/急増中! 大人の食物アレルギー
No.4 特集/内科系医師のための災害医療エッセンシャル
No.増刊号 特集/これ一冊でわかる 消化器 診断基準と分類
No.3 特集/そのお腹、大丈夫? 肥満症のトピックス
No.2 特集/心電図 実践診療で役立つコツ
No.1 特集/実践! 神経救急(neurocritical care)
2016年 Vol.104
No.12 特集/知っておきたい関節リウマチの診断から治療
No.11 特集/痛み治療の「いま」に迫る メカニズムか
No.10 特集/よくわかる,臨床で使える「骨粗鬆症」アッ
No.9 特集/カテーテルを使った最新の治療
No.8 特集/浮腫−そのむくみ 放っておいて大丈夫?−
No.7 特集/頭痛診療が得意になる 基礎から最新トピッ
No.6 特集/いま知っておきたい、感染症診療最新の動向
No.5 特集/「抗血栓療法の今」を語る
No.4 特集/あの病態ってもしや…? ダイジェスト"IgG4関連
No.増刊号 特集/糖尿病治療の現在と未来
No.3 特集/高血圧 予後、臓器・血管保護を見据えた治
No.2 特集/腸内細菌叢からみた臨床の最前線―ベール
No.1 特集/めまい診療の最先端
2015年 Vol.103
No.12 特集/知っておくべき総合診療の現在(いま)
No.11 特集/成人の予防接種はどうあるべきか?
No.10 特集/睡眠障害診療の進歩
No.9 特集/内科が使う自己注射薬
No.8 特集/機能性消化管障害
No.7 特集/ここが知りたい認知症診療
No.6 特集/肺高血圧・肺血栓塞栓症 見逃すことなく最
No.5 特集/アレルギー疾患の診療のpitfalls 好酸球の臨床
No.4 特集/COPDの診断と最新の治療
No.増刊号 特集/心不全のすべて
No.3 特集/時代とともに広がる「糖尿病合併症」の概念
No.2 特集/ここまで変わった 実地診療の食道がん・胃
No.1 特集/知っておくべき脳卒中最新治療
2014年 Vol.102
No.増刊号 特集/内科救急のファーストタッチ