HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:診断と治療

診断と治療

最新の医学情報を最高の執筆陣でお届けする内科総合雑誌のパイオニア!

わが国の内科総合誌のパイオニアで,数ある総合誌のなかでも抜群の安定性と評価を誇る.

新進気鋭の編集委員を迎え,最新情報を盛り込み読みごたえ満点.

連載「心電図は1枚の窓」「注目の新薬」「医療裁判の現場から」.

増刊号も毎回シャープな切り口と実際的な内容が大好評.

2色刷のビジュアルな誌面.

2019年 Vol.107 No.2 2019-02-07

診療に活かす薬理・ブラッシュアップ

定価:2,860円(本体価格2,600円+税)

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

ねらい  今井 靖

◆総論:内科診療のための臨床薬理学
内科医がおさえるべき臨床薬理―overview―  乾 直輝,他
最近の薬物開発の動向  湯地晃一郎
臨床研究における規制・倫理・法制度  中田はる佳

◆各論:日常診療に直結する薬理学
薬物動態学(PK)/薬力学(PD)を理解する  高柳理早,他
注意すべき薬物相互作用  松本直樹
薬物有害反応  鶴岡秀一
治療薬物モニタリング(TDM)  阪上倫行,他
妊婦・授乳婦における薬物使用の注意点  川上美里,他
高齢者における薬物使用の注意点  スタッヴォラヴット・アンヤポーン,他
腎障害・透析患者における薬物療法  北山智草,他
肝障害患者・心不全患者における薬物使用の注意点  安藤 仁

◆トピックス
Pharmacogenetics/Pharmacogenomics:薬物治療の遺伝学―個別化医療の進歩―  吉原達也,他
時間薬理:投与タイミングも考慮した最適な薬物療法とは  牛島健太郎

連載
◎症例を俯瞰する総合診療医の眼
3週間持続する発熱,両眼の充血をきたした65歳男性  竹治明梨,他
◎注目の新薬
ダフクリア(フィダキソマイシン)  舘田一博

臨床例
  骨吸収抑制薬関連顎骨壊死の頻度および発症要因に関する検討―長野県内20病院における発症例の検討―   近藤英司,他

ページの先頭へ戻る

ねらい

  今回実地臨床に役立つ薬理として“臨床薬理学”をオーバービューさせていただくこととしました.“臨床薬理学”という語は必ずしも馴染みの分野ではないかと思いますが,基礎医学としての“薬理学”を基礎にしつつもヒトにおける実践的薬物治療学として第二次世界大戦後,欧米で始まり本邦におきましても自治医科大学,大分大学を皮切りに全国にその領域の教室が作られた経緯があります.最近では創薬・育薬,治験・臨床試験の支援・実施,ゲノム薬理などその守備範囲はさらに拡大しており,特に内科系診療分野ではいずれの領域であっても避けては通れないところです.本特集では前半で実地臨床においておさえておくべき臨床薬理学,また抗体医薬,分子標的薬など最新の薬物開発の動向についてご解説をいただきました.薬物の開発における治験はご存知のとおり薬機法で規定されております.しかし,一般的な薬物療法に関する臨床研究については従来,“ヒトを対象とする医学系研究に関する倫理指針”の遵守のもと行われてきたわけですが,2018年4月に“臨床研究法”が施行され,①未承認・適応外の医薬品等の臨床研究,②製薬企業などから資金提供を受けて実施される当該製薬企業などの医薬品に関する臨床研究がこの法律に基づいた倫理審査・実施が求められることとなりました.この点の知識をクリアカットに整理できるようご寄稿いただいております.
  また,日常の薬物療法において薬理学的知識を整理することで,よりよい薬物療法の実践に繋がると考えます.本特集の中盤では薬物動態学・薬力学,相互作用,有害反応,治療薬物モニタリング(TDM)と臨床に直結する薬理学のエッセンスを取り上げ,また妊婦・授乳婦,腎障害・透析患者,肝障害患者といった日常診療で遭遇する機会の多い,注意すべき病態における薬物療法の考え方についてレビューしていただきました.
  最後にトピックスとして2つのテーマをあげました.1つは薬物療法に関わる遺伝子多型・変異を取り上げ,“precision medicine”の実践に繋がるお話をいただけるものと思います.もう1つは薬物療法において投与するタイミングで薬効に差が出る,周知の如くスタチンは夕方から眠前に投与したほうが効果がある,という話にも知られるとおり投与タイミングを科学する時間薬理という考え方があります.これらの話題は身近な診療にも活かせるポイントを多く含んでおります.本特集を薬物療法についての知識のブラッシュアップとしてご活用いただき,明日からの診療の一助となれば幸甚に存じます.

自治医科大学内科学講座循環器内科学部門/薬理学講座臨床薬理学部門
今井 靖

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は論文単位でPDFファイルのダウンロード購入
が可能です.詳細はメディカルオンラインへ            

2022年 Vol.110
No.6 特集/下部尿路機能障害(排尿障害)へのアプローチ最新号
No.5 特集/認知症を取り巻く現状:バイオマーカー,根本治療薬ってなに?
No.4 特集/知っておきたい血栓予防療法のエッセンス
No.増刊号 特集/明日の診療に役立つ 消化器内視鏡これ1冊
No.3 特集/かかりつけ医からみた糖尿病診療
No.2 特集/続・診断困難な痛みに向き合うケーススタディ
No.1 特集/慢性便秘症診療の最前線
2021年 Vol.109
No.12 特集/一般内科医に役立つ抗リウマチ薬の最新知識
No.11 特集/新型コロナウイルス感染症 理解と対策の現状
No.10 特集/血管炎の診断と治療:エッセンスと今後の展望
No.9 特集/オンライン診療・医療AI最前線
No.8 特集/健康食品・サプリメントを知る
No.7 特集/増えている大人の消化管アレルギー
No.6 特集/大きく進歩した造血器腫瘍の診断と治療
No.5 特集/脳卒中:内科医が知っておくべき最新診療
No.4 特集/一般内科医が知っておきたい最新の心筋症診療
No.増刊号 特集/診断と治療の手技−診察室これ1冊−
No.3 特集/輸液療法の基礎と実践
No.2 特集/最新の花粉症診療
No.1 特集/内科外来で見る急性腹症診療:見落とさないコツ
2020年 Vol.108
No.12 特集/日常診療で遭遇する睡眠-覚醒障害
No.11 特集/350人に1人 一般内科医が診る人工透析患者
No.10 特集/動脈硬化予防のための肥満・脂質異常症診療戦略
No.9 特集/コモンディジーズとしての骨粗鬆症診療
No.8 特集/膵疾患の診断・治療の進歩
No.7 特集/インバウンドに備える
No.6 特集/心疾患診療に活かす心臓リハビリテーション:まとめエッセンス
No.5 特集/診療困難な痛みに向き合うケーススタディ
No.4 特集/最新の高血圧診療-「高血圧治療ガイドライン2019」後の展開
No.増刊号 特集/必修エコー 体表から“せまる”全身エコーのアプローチ法
No.3 特集/フレイルとその予防対策
No.2 特集/ウイルス肝炎アップデート
No.1 特集/ここまで明らかになった小腸疾患
2019年 Vol.107
No.12 特集/新しい『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』を読み解く
No.11 特集/大人の発達障害
No.10 特集/高齢終末期に向かう医療
No.9 特集/「生活習慣病」診療の新潮流:この10年で何が変わった
No.8 特集/高齢者心不全に挑む
No.7 特集/実地内科医のための潰瘍性大腸炎診療ABC
No.6 特集/医療安全update−患者さんも医療スタッフも満足できる
No.5 特集/一般臨床医のための貧血診療 これだけ
No.4 特集/遠隔医療の進歩
No.増刊号 特集/内科医のための皮膚疾患アトラス
No.3 特集/かかりつけ医が知っておきたい糖尿病注射薬の知識
No.2 特集/診療に活かす薬理・ブラッシュアップ
No.1 特集/在宅栄養療法の最前線