HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:産科と婦人科

産科と婦人科

精選された情報満載読者各位にとって欠かすことができない情報をタイムリーに提供. 「生殖おもしろ話」・「外界事情」・「青い血のカルテ」・「産婦人科診療 私のコツ」など連載も充実.

抜群の読みやすさオール2色刷り.一目でキーポイントがわかるレイアウト.

充実したラインナップ日常診療の場で即役立つ「増刊号」を年各1冊発行.日進月歩で激変する医学界のキーワードを読み解き,読者各位の壮大な負託に応えるべく「産科と婦人科」は微力を注ぎます.

2019年 Vol.86 No.4 2019-03-19

新時代に入ったがん・生殖医療

定価:本体2,800円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

新時代に入ったがん・生殖医療

企画 大須賀 穣

Ⅰ.がん・生殖医療の現状と今後の展望
 1.世界のがん・生殖医療とわが国の補助金制度・登録制度の取り組み / 髙井 泰
 2.がん・生殖医療のためのネットワークの構築と運用 / 木村文則
 3.コメディカルによるがん・生殖医療のサポート体制 / 大野田 晋・他
 4.がん・生殖医療のための生殖補助医療技術の進歩 / 太田邦明・他
 5.遺伝性腫瘍のがん・生殖医療における遺伝カウンセリングの実際 / 大瀬戸久美子・他

Ⅱ.小児,思春期・若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドラインに沿った臨床の展開
 6.総 論 / 中村健太郎・他
 7.女性生殖器 / 佐藤豊実
 8.乳 腺 / 清水千佳子
 9.泌尿器 / 小林秀行・他
 10.小 児 / 宮地 充・他
 11.造血器 / 藤井伸治
 12.骨・軟部腫瘍 / 中山ロバート
 13.脳 / 杉山一彦
 14.消化器 / 沖田南都子

連載
若手の最新研究紹介コーナー
妊婦HTLV−1スクリーニング検査におけるHTLV−1水平感染の検討 / 淵 直樹

来たれ! 私たちの産婦人科 第28回
白河厚生総合病院 産婦人科 / 山内隆治

症例
羊膜シートの妊娠・分娩例 / 相京晋輔・他
子宮頸部細胞診で悪性の細胞所見が得られなかった子宮頸癌IB1期に対し腹腔鏡下広汎子宮全摘術を施行した
1例 / 宇津野泰弘・他
大陰唇に発生した基底細胞癌の1例 / 坂本優香・他

バックナンバー
投稿規定
次号予告

ページの先頭へ戻る

ねらい

 21世紀に入ってからの融解卵巣移植など生殖補助医療技術の飛躍的な進歩と,がん治療の進歩による大幅な長期生存者の増加により,がん治療後の妊孕性温存に大きく関心が向けられている.また,2017年度からの第3期がん対策推進基本計画においては,がん医療の充実として小児がん,AYA世代のがんが取り上げられており,「国は,関係学会と協力し,治療に伴う生殖機能等への影響など,世代に応じた問題について,医療従事者が患者に対して治療前に正確な情報提供を行い,必要に応じて,適切な生殖医療を専門とする施設に紹介できるための体制を構築する」と記されている.一方,2012年に日本がん・生殖医療学会が立ち上がり,同時にがん治療医と生殖医療の専門医の連携を促進するネットワークが岐阜県などで構築された.
 このような機運のもと,がん・生殖医療の普及を加速するために,日本癌治療学会から『小児,思春期・若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドライン』が2017年に出版された.本ガイドラインはがん治療医,生殖の専門医,がん患者が共有できる道標となっており,がん・生殖医療の今後の発展への礎石となった.しかしながら,わが国においてすべての患者が安心してがん・生殖医療の恩恵を受けるには,乗り越えていく課題も少なくない.
 本特集では新たな時代に入ったわが国のがん・生殖医療について,はじめに現状と今後の展望についてレジストリー・公費助成などの社会的インフラ整備,コメディカルと地域ネットワークなどの現場での運用,生殖補助医療の技術的側面,遺伝がんに伴う倫理的側面などについて総合的な観点からご解説いただいた.次いで,各々の診療分野におけるガイドラインの解説と臨床の実際と今後についてご解説いただいた.日本のがん・生殖医療は新たな局面を迎えており,今後の健全な発展に向けた日々の診療に本特集がお役に立てば幸甚である.

(東京大学大学院医学系研究科産婦人科学講座 大須賀 穣)

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2019年 Vol.86
No.5 特集/無痛分娩・産科麻酔Update最新号
No.増刊号 特集/新時代のホルモン療法マニュアル
No.4 特集/新時代に入ったがん・生殖医療
No.3 特集/どうする?妊娠合併婦人科腫瘍の管理
No.2 特集/妊娠高血圧症候群_PIHからHDFへ
No.1 特集/産婦人科医が押さえておくべき法・指針・医療体制
2018年 Vol.85
No.12 特集/思春期にまつわる最近の話題
No.11 特集/月経を診る―患者満足の外来診療のために
No.10 特集/よくわかる腫瘍随伴症候群
No.9 特集/ここまで進んだ胎児治療
No.8 特集/感染症に強くなる
No.7 特集/産婦人科関連ホルモンの基礎を学びなおす
No.6 特集/婦人科医が注意すべき悪性腫瘍関連疾患
No.5 特集/エキスパートに聞く合併症妊娠のすべて
No.増刊号 特集/産婦人科関連 専門医・認定医ガイド
No.4 特集/女性アスリートのヘルスケア
No.3 特集/生殖医療−知っておきたい最新トピックス
No.2 特集/臨床スキルアップのために−画像診断・病
No.1 特集/胎児心臓をみる−診断から治療へ
2017年 Vol.84
No.12 特集/HRTガイドライン2017年度版 改訂の要点と
No.11 特集/子宮腺筋症と稀少部位子宮内膜症の最新の
No.10 特集/次世代への予防医療―DOHaDを活かす
No.9 特集/今日からできる最新の産婦人科ケア
No.8 特集/女性の将来の健康のために―疾患・病態相互
No.7 特集/産婦人科領域における難病を考える
No.6 特集/他科エキスパートが教える 婦人科医のため
No.5 特集/産科出血に立ち向かう―どこまでできる?
No.増刊号 特集/知らなきゃ困る 産婦人科小手術
No.4 特集/骨粗鬆症ベストプラクティス
No.3 特集/Non-ARTの不妊症診療
No.2 特集/ここが知りたい 産婦人科周術期管理
No.1 特集/産科領域における遺伝診療の最前線
2016年 Vol.83
No.12 特集/月経前症候群・月経前不快気分障害の最新知
No.11 特集/子宮筋腫の最前線
No.10 特集/産婦人科臨床研究最前線
No.9 特集/妊娠と感染症 ―外来で聞かれてどう説明す
No.8 特集/骨盤臓器脱と下部尿路機能障害Up to Date
No.7 特集/ART最前線
No.6 特集/婦人科がんの診断・治療の最適化を目指して
No.5 特集/不育症 Up to Date
No.増刊号 特集/産婦人科処方実践マニュアル
No.4 特集/中高年女性に多くみられる症候とその対策
No.3 特集/生殖医療における倫理的問題を考える
No.2 特集/OC/LEPガイドライン ポイントの解説
No.1 特集/婦人科がん治療の新機軸
2015年 Vol.82
No.増刊号 特集/よくわかる検査と診断
2014年 Vol.81
No.増刊号 特集/産婦人科手術 Up to Date