HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:小児科診療

小児科診療

最新の情報からベーシックな知識までわかりやすくお届けします!

読者の要望にお応えすべくup-to-dateな特集を提供.内容の充実とわかりやすい解説に腐心しました.

一目で要点をとらえ,本文へ読みすすみやすいレイアウト.

「増刊号」・「特大号」を年各1冊発行.読者の厚い信頼に応える内容で日常診療に不可欠な情報満載.

連載「Photo Quiz」ではビジュアルに画像診断のポイントを解説.

2014年 Vol.77 No.2 2014-01-15

ベテラン小児科医が伝授する外来診療のコツ

定価:本体2,600円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

序 文   /田中秀朋
 
Ⅰ 診察のコツ
見逃さないための身体所見(physical examination)のとりかた   /原 朋邦
咽頭の上手な診かた   /佐久間孝久
耳と鼻の上手な診かた   /土田晋也
皮膚の上手な診かた   /田中秀朋
 
Ⅱ 治療のコツ
抗菌薬が必要な子どもの見つけかた   /草刈 章
漢方薬,苦い薬の上手な飲ませかた   /新井 勝
経口補液(ORT)の上手な使いかた   /南 武嗣
外傷と上手につきあうための湿潤療法   /佐久間秀人
 
Ⅲ 検査・手技のコツ
外来検査を行う前に知っておきたい話   /板垣 勉
痛い注射(予防接種・採血)で子どもを泣かせない工夫   /横井茂夫
予防接種のミスを減らす   /崎山 弘
 
Ⅳ コミュニケーションのコツ
食物アレルギー児の親を安心させる方法   /福岡圭介
患者や家族の心をつなぐ会話のテクニック   /岡空輝夫
コメディカルスタッフと上手につきあう方法   /山本 淳
 
Ⅴ 育児支援のコツ
小児科医ならではの乳幼児健診   /谷村 聡
親を笑顔にする乳幼児健診   /吉永陽一郎
母乳育児を成功に導く   /瀬尾智子
母子(親子)健康手帳を最大限に活かす   /宮城雅也

論 説
 S君へのEメール   /三浦 大

第22回 川崎病全国調査成績   /川崎病全国調査担当グループ

今号の執筆者
バックナンバー
次号予告
投稿規定
お知らせ

ページの先頭へ戻る

ねらい

序  文

ベテラン小児科医が伝授する外来診療のコツ

田中秀朋 あかちゃんとこどものクリニック

 昭和39年(1964年)の東京オリンピック開催前の日本では,子どもが亡くなることはさほど珍しいことではなかった.昭和40年代から日本の乳幼児死亡率はどんどん下がって,日本の乳幼児死亡率の低さは世界のトップクラスである.衛生インフラの整備や抗菌薬の開発・普及,予防接種や健康教育の効果もあるであろう.先輩たちが貢献してくださった小児医療の発展も大きく寄与しているに違いない.それでも,平成初期には小児科病棟には気管支喘息や肺炎,急性胃腸炎,髄膜炎,川崎病など,たくさんの病児が入院していた.
 しかし,この十数年間を振り返ると,診断・治療技術の進歩やめまぐるしい予防接種の普及により,小児患者の入院機会が減少しつつある.小児科領域においては,外来診療のウェイトがこれまで以上に増していると考えられる.一方,大学病院や小児病院などの大規模な研修指定病院では,外来のみで完結するような軽症患者を診る機会は少ない.その結果,若い小児科医の多くは,外来診療の経験を十分に積まないまま研修を終えるのではないだろうか.ベテラン小児科医も他の医師の外来診療を見る機会は少なかったに違いない.外来診療の現場で実地指導を受けるのが最良の方法であろうが,そのような制度はまだ充実しているとはいえない.そこで,外来診療に長年携わってきたベテラン小児科医の得意分野について“診療のコツ”を披露していただいた.子どもを前にして目を輝かせて診療されている方々ばかりである.これから外来に出る若い小児科医に役立つ情報を具体的に示していただいたので,どの章も実践的なものとなっており,すぐに外来で役に立つであろう.若い小児科医だけでなく,小児の外来診療を行っているすべての医師にご一読いただきたい.
 これを読まれた医師たちが生き生きと外来診療を行い,子どもたちや家族が笑顔になることを心から願っている.最善を尽くせば,患者と医療者がともに幸せになれるwin-winの関係をもてる医療という仕事は本当に素晴らしい.
 最後に,大変難解なテーマにもかかわらず,執筆を快く引き受けてくださった執筆者の皆様に心より感謝申し上げます.

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2017年 Vol.80
No.8 特集/新しいガイドラインに基づいた最新の夜尿症診療最新号
No.7 特集/新・発達障害支援~小児科医へのメッセージ
No.6 特集/そうだったのか! 今すぐ役立つ小児内分泌のコツ
No.5 特集/研修医が知っておくべき境界領域疾患
No.増刊号 特集/小児科ケースカンファレンス
No.4 特集/今ここでステロイドを再考する
-common diseaseから専門領域まで-
No.3 特集/乳幼児期発症神経疾患のファーストタッチから専門診療へ
No.2 特集/抗菌薬療法UP-TO-DATE
No.1 特集/小児循環器のファーストタッチから専門診療へ
2016年 Vol.79
No.12 特集/先天異常症候群の新しい展開
No.11 特集/特大号/学校保健パーフェクトガイド
No.10 特集/日本発アレルギー研究最新情報
No.9 特集/ベテラン小児科医が伝授する入院管理・診療のコツ
No.8 特集/小児救急で求められる単純X線写真
No.7 特集/小児循環器治療の最前線-クスリとデバイス
No.6 特集/先天代謝異常症-エキスパートによる最新情報-
No.増刊号 特集/小児の症候群
No.5 特集/研修医のための乳幼児健診のすすめ
No.4 特集/これからどうなる!? 日本の予防接種
No.3 特集/症例から学ぶ小児心身症
No.2 特集/小児在宅医療のエッセンス
-必要な知識・技術から緩和ケアまで-
No.1 特集/子どもの外傷~小児科医でもできること,
小児科医だからこそできること~
2015年 Vol.78
No.12 特集/小児血液・腫瘍性疾患の診断と治療のトピックス
No.11 特集/特大号/見てわかる小児の皮膚疾患
No.10 特集/より良いプライマリ・ケアのための最新「かぜ」情報
No.9 特集/実地臨床に役立つ食物アレルギーの最新情報
No.8 特集/小児リウマチ性疾患の最新治療
No.7 特集/小児呼吸器疾患をあなどるな!
No.6 特集/小児の輸液・栄養管理の基礎と実践
No.5 特集/よくわかる 小児感染症の基礎知識
No.増刊号 特集/疾患からみる画像診断の進め方・読み方
No.4 特集/日常診療で役立つ小児整形外科の知識
No.3 特集/症例から学ぶ川崎病の診断・治療・管理のエッセンス
No.2 特集/けいれん性疾患の最新の治療
No.1 特集/新生児室のルーチンとトピックス
2014年 Vol.77
No.12 特集/発達障害の臨床-子どもの心の診療として
No.11 特集/特大号/保護者への説明マニュアル
No.10 特集/アレルギー疾患におけるアレルゲン再考
No.9 特集/知っておきたい小児保健のエッセンス
No.8 特集/日常診療に活かす小児の漢方
No.7 特集/小児科医の疑問に答える-耳鼻咽喉科の知識
No.6 特集/日常診療で遭遇する小児腎泌尿器疾患とトピックス
No.5 特集/若手小児科医のための臨床研究入門
No.増刊号 特集/小児の治療指針
No.4 特集/感染症ケースカンファレンス
No.3 特集/一般小児科医のための新生児対応パーフェクトガイド
No.2 特集/ベテラン小児科医が伝授する外来診療のコツ
No.1 特集/災害医学とpreparedness-子どもたちを護るために
2013年 Vol.76
No.11 特集/特大号/わかる心電図-病態に迫る判読のコツ
No.増刊号 特集/理解して出そう小児の検査―オーダー・手技・解釈
2012年 Vol.75
No.増刊号 特集/小児の診療手技100
2011年 Vol.74
No.増刊号 特集/子どもの臨床検査―症候から診断・治療へ
2008年 Vol.71
No.増刊号 特集/増刊号/目で見る最新の超音波診断
2007年 Vol.70
No.増刊号 特集/増刊号/症候からみた小児の診断学