HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:小児科診療

小児科診療

最新の情報からベーシックな知識までわかりやすくお届けします!

読者の要望にお応えすべくup-to-dateな特集を提供.内容の充実とわかりやすい解説に腐心しました.

一目で要点をとらえ,本文へ読みすすみやすいレイアウト.

「増刊号」・「特大号」を年各1冊発行.読者の厚い信頼に応える内容で日常診療に不可欠な情報満載.

連載「Photo Quiz」ではビジュアルに画像診断のポイントを解説.

2015年 Vol.78 No.1 2014-12-12

新生児室のルーチンとトピックス

定価:本体2,600円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

序文  /池田一成
 
Ⅰ産科医が何をしているのか
妊婦健診のルーチン  /峰岸一宏・他
わが国における不妊治療の現状  /久慈直昭・他
出生前診断  /種元智洋・他
胎児超音波検査のルーチン  /印出佑介・他
分娩方法・小児科医の分娩立ち会い要請  /水主川 純・他
胎盤・臍帯を理解する  /福澤龍二
全国の新生児はどこで生まれているのか  /久保隆彦

Ⅱ小児科医は何をすべきか
新生児カルテの書き方  /土田晋也
健常新生児のルーチン  /原 香織
早期母子接触・母乳栄養  /水野克己
光線療法  /久保井 徹
産科新生児室における感染対策  /高野八百子
新生児搬送  /近藤昌敏
新生児期に特徴的な検査値の解釈  /置塩英美

Ⅲトピックス
母体血胎児染色体検査  /関沢明彦・他
2週間健診を知る  /西巻 滋
B型肝炎のuniversal vaccination  /石井 勉・他

論説
医学情報のbias  /友政 剛

薬剤の臨床
日本人Gaucher病患者に対するベラグルセラーゼアルファを用いた酵素補充療法の有効性と安全性に関する検討  /井田博幸・他

症例報告
くり返す低血糖後にてんかんを発症した高インスリン血性低血糖症の1例  /福間真実・他

ページの先頭へ戻る

ねらい

池田一成  /慶應義塾大学医学部小児科学教室

 新生児医療は超低出生体重児や重症仮死に対する低体温治療など,ICUケアに関する話題が多い領域です.新生児の特集が毎年のように刊行されていることも考慮し,今回は思い切って早産・低出生体重児,仮死などの病児は対象外とし,常勤小児科医が少なく新生児病棟が独立していないような施設でも役立つ話題を中心に集めてみました.
 現在の新生児学を産科の知識なしに語ることはできません.私たち小児科医の知らないところで産科の先生方はどのような母体管理をしているのでしょうか.私たちは新生児病棟で働いていると忙しさのあまり,現在の病態把握や治療に集中しすぎて,母体情報の把握がおろそかになりやすい傾向があります.また病態を把握するために産科医がどのようなルーチンで妊婦さんの経過をみているのか,十分に理解しているでしょうか.新生児病棟においてカルテを正確に記載するためには,まず母体情報の把握が必要ですが,そのためには産科の先生方がどのように妊婦管理を行っているのか知らねばなりません.
 今回の特集では,まず産科の先生方に小児科医が知っておくべき妊婦検診のルーチンや胎児診断についてご執筆いただきました.引き続き,新生児科の先生方から若手医師が新生児病棟にローテーションしてきた場合を想定し,指導医としてどのように指導するのかという点からご執筆いただきました.最後に,新生児フォローアップの新しい視点として,B型肝炎のユニバーサルワクチネーション,2週間健診の必要性について紹介させていただくことにしました.
 妊婦検査のトピックスとしては,母体血胎児染色体検査(NIPT)をとりあげました.NIPTは未だ限られた施設でしか受けることができないとはいうものの,この特集号が発行される時点ではもうトピックスとしての価値は少なくなっているかもしれません.しかし,現在実施することのできない産院への問合せ数や現在実施している施設の検査数推移を考えると潜在需要は多いと推測され,その「手軽さ」から今後,私たち小児科医の予想をはるかに超える数の妊婦さんが受ける可能性があります.
 研修医あるいは新生児病棟を初めてローテーションする初期研修医や小児科学を始めて間もない小児科後期研修医を意識して企画したつもりです.皆様の診療に少しでも役立つ特集となれば幸いです.

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2017年 Vol.80
No.6 特集/そうだったのか! 今すぐ役立つ小児内分泌のコツ最新号
No.5 特集/研修医が知っておくべき境界領域疾患
No.増刊号 特集/小児科ケースカンファレンス
No.4 特集/今ここでステロイドを再考する-common diseaseから専門領域まで-
No.3 特集/乳幼児期発症神経疾患のファーストタッチから専門診療へ
No.2 特集/抗菌薬療法UP-TO-DATE
No.1 特集/小児循環器のファーストタッチから専門診療へ
2016年 Vol.79
No.12 特集/先天異常症候群の新しい展開
No.11 特集/特大号/学校保健パーフェクトガイド
No.10 特集/日本発アレルギー研究最新情報
No.9 特集/ベテラン小児科医が伝授する入院管理・診療のコツ
No.8 特集/小児救急で求められる単純X線写真
No.7 特集/小児循環器治療の最前線-クスリとデバイス
No.6 特集/先天代謝異常症-エキスパートによる最新情報-
No.増刊号 特集/小児の症候群
No.5 特集/研修医のための乳幼児健診のすすめ
No.4 特集/これからどうなる!? 日本の予防接種
No.3 特集/症例から学ぶ小児心身症
No.2 特集/小児在宅医療のエッセンス-必要な知識・技術から緩和ケアまで-
No.1 特集/子どもの外傷~小児科医でもできること,小児科医だからこそできること~
2015年 Vol.78
No.12 特集/小児血液・腫瘍性疾患の診断と治療のトピックス
No.11 特集/特大号/見てわかる小児の皮膚疾患
No.10 特集/より良いプライマリ・ケアのための最新「かぜ」情報
No.9 特集/実地臨床に役立つ食物アレルギーの最新情報
No.8 特集/小児リウマチ性疾患の最新治療
No.7 特集/小児呼吸器疾患をあなどるな!
No.6 特集/小児の輸液・栄養管理の基礎と実践
No.5 特集/よくわかる 小児感染症の基礎知識
No.増刊号 特集/疾患からみる画像診断の進め方・読み方
No.4 特集/日常診療で役立つ小児整形外科の知識
No.3 特集/症例から学ぶ川崎病の診断・治療・管理のエッセンス
No.2 特集/けいれん性疾患の最新の治療
No.1 特集/新生児室のルーチンとトピックス
2014年 Vol.77
No.12 特集/発達障害の臨床-子どもの心の診療として
No.11 特集/特大号/保護者への説明マニュアル
No.10 特集/アレルギー疾患におけるアレルゲン再考
No.9 特集/知っておきたい小児保健のエッセンス
No.8 特集/日常診療に活かす小児の漢方
No.7 特集/小児科医の疑問に答える-耳鼻咽喉科の知識
No.6 特集/日常診療で遭遇する小児腎泌尿器疾患とトピックス
No.5 特集/若手小児科医のための臨床研究入門
No.増刊号 特集/小児の治療指針
No.4 特集/感染症ケースカンファレンス
No.3 特集/一般小児科医のための新生児対応パーフェクトガイド
No.2 特集/ベテラン小児科医が伝授する外来診療のコツ
No.1 特集/災害医学とpreparedness-子どもたちを護るために
2013年 Vol.76
No.11 特集/特大号/わかる心電図-病態に迫る判読のコツ
No.増刊号 特集/理解して出そう小児の検査―オーダー・手技・解釈
2012年 Vol.75
No.増刊号 特集/小児の診療手技100
2011年 Vol.74
No.増刊号 特集/子どもの臨床検査―症候から診断・治療へ
2008年 Vol.71
No.増刊号 特集/増刊号/目で見る最新の超音波診断
2007年 Vol.70
No.増刊号 特集/増刊号/症候からみた小児の診断学