HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:小児科診療

小児科診療

最新の情報からベーシックな知識までわかりやすくお届けします!

読者の要望にお応えすべくup-to-dateな特集を提供.内容の充実とわかりやすい解説に腐心しました.

一目で要点をとらえ,本文へ読みすすみやすいレイアウト.

「増刊号」・「特大号」を年各1冊発行.読者の厚い信頼に応える内容で日常診療に不可欠な情報満載.

連載「Photo Quiz」ではビジュアルに画像診断のポイントを解説.

2017年 Vol.80 No.7 2017-06-13

新・発達障害支援~小児科医へのメッセージ

定価:本体2,700円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

序 文  /広瀬宏之

Ⅰ.総 論
DSM-5における神経発達症について  /鷲見 聡
これからの発達障害支援   /北山真次
特別支援教育における発達支援  /梅田真理
障害者差別解消法と合理的配慮について  /笹森洋樹
発達障害への薬物療法  /杉山登志郎

Ⅱ.小児期における支援
多職種連携のコツ  /金原洋治
家族支援の実際~ペアレント・プログラムを中心に  /辻井正次
保護者支援の実際~親子関係をよりよくするには  /井上祐紀
感覚統合アプローチを生かした支援  /岩永竜一郎
発達障害の感覚過敏とその支援  /熊﨑博一
オキシトシン治療のこれから  /小坂浩隆
読み書き困難への支援~多層指導モデルMIMを中心に  /海津亜希子
ICTと発達障害  /中邑賢龍

Ⅲ.成人期に向けた支援
発達障害支援のトランジション~大学における修学支援を中心に  /西村優紀美
発達障害の就労支援   /千田若菜
発達障害をもつ母親の支援  /宮尾益知
大人の発達障害(発達症)  /今村 明・他

原 著
自閉スペクトラム症合併てんかん症例におけるラモトリギンまたはレベチラセタムの忍容性の検討  /石川暢恒・他

症例報告
石灰化を伴う小児(14歳)4型結腸がんの1例  /田中千弘・他

ページの先頭へ戻る

ねらい

広瀬宏之  /横須賀市療育相談センター

 本誌3年ぶりの発達障害の特集,今回は「支援」にスポットをあてました.発達障害支援は,医療・教育・福祉・先端技術など多角的アプローチ,つまり,「総力戦」です.ここでは本文より珠玉のフレーズを抜粋し,素晴らしさの一端を味わっていただきたいと思います.

 「子どもの約10人に1人が神経発達症にあてはまり,もはや小児科領域のcommon diseaseである」
 (DSM-5における神経発達症について 鷲見 聡先生)
 「支援は子どもの未来を想定し,ちょっとした対応の工夫をしていくこと」
 (これからの発達障害支援 北山真次先生)
 「特別支援教育では,子ども1人1人をよく見て把握し,学校という組織で取り組んでいく」
 (特別支援教育における発達支援 梅田真理先生)
 「支援を途切れなく続けるには,縦横のつながり,長期的な視点,情報の引き継ぎが大切である」
 (障害者差別解消法と合理的配慮について 笹森洋樹先生)
 「発達障害の薬物療法では,少量処方で対応が可能である」(発達障害への薬物療法 杉山登志郎先生)
 「連携なくして支援なし」(多職種連携のコツ 金原洋治先生)
 「人は自己受容すら難しいのに,子どもの障害受容を想定した家族支援は機能しにくい」
 (家族支援の実際~ペアレント・プログラムを中心に 辻井正次先生)
 「子どもの発達と親子間の相互作用は,まるで鶏と卵のような関係である」
 (保護者支援の実際~親子関係をよりよくするには 井上祐紀先生)
 「感覚刺激を報酬として,コミュニケーション能力を伸ばす」
 (感覚統合アプローチを生かした支援 岩永竜一郎先生)
 「ASDに取って最も本質的な感覚の問題は,感覚刺激に対する低反応である」
 (発達障害の感覚過敏とその支援 熊﨑博一先生)
 「オキシトシン効果の個人差の追求は,テーラーメイド医療につながる可能性がある」
 (オキシトシン治療のこれから 小坂浩隆先生)
 「MIMでは,子どもがつまずく前に,あるいは,つまずきが重篤化する前に指導・支援を行う」
 (読み書き困難への支援~多層指導モデルMIMを中心に 海津亜希子先生)
 「ICTは発達障害のある人の困難さを同じように補助・代替できるものである」(ICTと発達障害 中邑賢龍先生)
 「支援の必要性や支援内容に関する根拠は,学生本人の語りから得られる」
 (発達障害支援のトランジション~大学における修学支援を中心に 西村優紀美先生)
 「小児科で把握された情報を就労支援に活かせればより効果的な支援が可能になる」
 (発達障害の就労支援 千田若菜先生)
 「家族機能が改善することにより児の機能が改善することが期待される」
 (発達障害をもつ母親の支援 宮尾益知先生)
 「問題点だけではなく発達症のプラスの面についても説明を行っていく」
 (大人の発達障害≪発達症≫ 今村 明先生)

 ご執筆いただいた先生方に心より感謝申し上げます.続きは必ず本文をご覧ください.

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2017年 Vol.80
No.11 特集/特大号/小児科エコー活用術最新号
No.10 特集/日常生活にひそむ小児血液・腫瘍性疾患
No.9 特集/症例から学ぶ感染症診療のコツ
No.8 特集/新しいガイドラインに基づいた最新の夜尿症診療
No.7 特集/新・発達障害支援~小児科医へのメッセージ
No.6 特集/そうだったのか! 今すぐ役立つ小児内分泌のコツ
No.5 特集/研修医が知っておくべき境界領域疾患
No.増刊号 特集/小児科ケースカンファレンス
No.4 特集/今ここでステロイドを再考する
-common diseaseから専門領域まで-
No.3 特集/乳幼児期発症神経疾患のファーストタッチから専門診療へ
No.2 特集/抗菌薬療法UP-TO-DATE
No.1 特集/小児循環器のファーストタッチから専門診療へ
2016年 Vol.79
No.12 特集/先天異常症候群の新しい展開
No.11 特集/特大号/学校保健パーフェクトガイド
No.10 特集/日本発アレルギー研究最新情報
No.9 特集/ベテラン小児科医が伝授する入院管理・診療のコツ
No.8 特集/小児救急で求められる単純X線写真
No.7 特集/小児循環器治療の最前線-クスリとデバイス
No.6 特集/先天代謝異常症-エキスパートによる最新情報-
No.増刊号 特集/小児の症候群
No.5 特集/研修医のための乳幼児健診のすすめ
No.4 特集/これからどうなる!? 日本の予防接種
No.3 特集/症例から学ぶ小児心身症
No.2 特集/小児在宅医療のエッセンス
-必要な知識・技術から緩和ケアまで-
No.1 特集/子どもの外傷~小児科医でもできること,
小児科医だからこそできること~
2015年 Vol.78
No.12 特集/小児血液・腫瘍性疾患の診断と治療のトピックス
No.11 特集/特大号/見てわかる小児の皮膚疾患
No.10 特集/より良いプライマリ・ケアのための最新「かぜ」情報
No.9 特集/実地臨床に役立つ食物アレルギーの最新情報
No.8 特集/小児リウマチ性疾患の最新治療
No.7 特集/小児呼吸器疾患をあなどるな!
No.6 特集/小児の輸液・栄養管理の基礎と実践
No.5 特集/よくわかる 小児感染症の基礎知識
No.増刊号 特集/疾患からみる画像診断の進め方・読み方
No.4 特集/日常診療で役立つ小児整形外科の知識
No.3 特集/症例から学ぶ川崎病の診断・治療・管理のエッセンス
No.2 特集/けいれん性疾患の最新の治療
No.1 特集/新生児室のルーチンとトピックス
2014年 Vol.77
No.12 特集/発達障害の臨床-子どもの心の診療として
No.11 特集/特大号/保護者への説明マニュアル
No.10 特集/アレルギー疾患におけるアレルゲン再考
No.9 特集/知っておきたい小児保健のエッセンス
No.8 特集/日常診療に活かす小児の漢方
No.7 特集/小児科医の疑問に答える-耳鼻咽喉科の知識
No.6 特集/日常診療で遭遇する小児腎泌尿器疾患とトピックス
No.5 特集/若手小児科医のための臨床研究入門
No.増刊号 特集/小児の治療指針
No.4 特集/感染症ケースカンファレンス
No.3 特集/一般小児科医のための新生児対応パーフェクトガイド
No.2 特集/ベテラン小児科医が伝授する外来診療のコツ
No.1 特集/災害医学とpreparedness-子どもたちを護るために
2013年 Vol.76
No.11 特集/特大号/わかる心電図-病態に迫る判読のコツ
No.増刊号 特集/理解して出そう小児の検査―オーダー・手技・解釈
2012年 Vol.75
No.増刊号 特集/小児の診療手技100
2011年 Vol.74
No.増刊号 特集/子どもの臨床検査―症候から診断・治療へ
2008年 Vol.71
No.増刊号 特集/増刊号/目で見る最新の超音波診断
2007年 Vol.70
No.増刊号 特集/増刊号/症候からみた小児の診断学