HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:小児科診療

小児科診療

最新の情報からベーシックな知識までわかりやすくお届けします!

読者の要望にお応えすべくup-to-dateな特集を提供.内容の充実とわかりやすい解説に腐心しました.

一目で要点をとらえ,本文へ読みすすみやすいレイアウト.

「増刊号」・「特大号」を年各1冊発行.読者の厚い信頼に応える内容で日常診療に不可欠な情報満載.

連載「Photo Quiz」ではビジュアルに画像診断のポイントを解説.

2019年 Vol.82 No.6 2019-05-14

小児感染症のいまを読み解く

定価:本体2,800円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

序 文  /星野 直

Ⅰ.流行の変化を読み解く
RSウイルス感染症~最近の疫学の変化~  /橋本浩一
麻 疹  /多屋馨子
水痘,帯状疱疹  /服部文彦・他
肺炎球菌感染症  /石和田稔彦
インフルエンザ菌感染症  /佐々木裕子
肺炎マイコプラズマ感染症  /成田光生
百日咳  /岡田賢司

Ⅱ.実際の症例から読み解く
ヒトパレコウイルス感染症  /相澤悠太
日本脳炎  /北澤克彦・他
重症血小板減少症候群(SFTS)  /保科隆之
先天性風疹症候群  /長澤耕男
先天梅毒  /金井瑞恵

Ⅲ.話題の感染症を読み解く
新型インフルエンザ  /田村大輔
エンテロウイルスD68感染症  /清水博之
蚊媒介感染症  /福島慎二・他
結 核  /宮川知士
侵襲性髄膜炎菌感染症  /神谷 元
多剤耐性グラム陰性桿菌感染症  /石井良和

ページの先頭へ戻る

ねらい

小児感染症のいまを読み解く

星野 直  /千葉県こども病院感染症科

  麻しん・風しん混合ワクチン,水痘ワクチンの2回接種の導入,インフルエンザ菌b型ワクチン,肺炎球菌結合型ワクチンの定期接種化などにより,欧米とのワクチンギャップは大幅に縮小されました.その結果,多くの子どもたちがその恩恵を受けられるようになりました.一方で,感染症の流行のパターンや好発年齢の変化,原因病原体の血清型置換や薬剤感受性の変化など,以前には認められなかった新たな問題が出現しています.また,国をあげた薬剤耐性菌対策が進むなか,国際的な多剤耐性菌の蔓延は小児科医としても看過できない問題です.
  感染症の流行は,国際交流や気象の変化の影響も受けます.2017年の訪日外客数は2010年比で3.3倍に増加し,日本の平均気温は100年あたり1.2℃のペースで上昇しています.すなわち,インバウンドの増加や気温の上昇に伴う新興・再興感染症の発生に備えなくてはなりません.2014年に東京でデング熱国内感染例が発生したことや,2015年に山口県で開催された世界スカウトジャンボリーで侵襲性髄膜炎菌感染症の発症がみられたことは,記憶に新しいところです.
  このように,感染症の疫学は様々な要因により絶えず変化しています.日頃から感染症の診療にあたる機会の多い小児科医としては,最新の疫学情報に目を向けておかなくてはなりません.そこで,感染症の疫学の現状を知り,日々の診療にお役立ていただけるような1冊を目指し,18種類の感染症に関する特集を企画しました.
  「Ⅰ.流行の変化を読み解く」では,commonな小児感染症7疾患を取り上げました.最近みられている疫学の変化や,それに伴う問題点などについて,ご専門とされる先生に解説していただきました.
  「Ⅱ.実際の症例から読み解く」,「Ⅲ.話題の感染症を読み解く」では,新興・再興感染症11疾患を取り上げました.「Ⅱ.実際の症例から読み解く」ではわが国で小児例の発症がみられた5疾患について,実際にご経験された先生に症例を提示していただくとともに,臨床的特徴や疫学について解説していただきました.また,「Ⅲ.話題の感染症を読み解く」では,すでにわが国での発症が問題となっている感染症,今後の発症に備えるべき感染症の計6疾患について,国内外の状況を中心にご専門の先生に解説していただきました.
  本特集を通読していただくことで,「小児感染症のいまを読み解く」一助となるはずです.
  最後になりますが,お忙しいなか貴重な原稿をご執筆いただいた先生方に深く感謝申し上げます.

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2019年 Vol.82
No.7 特集/小児循環器領域の生涯包括遺伝医療最新号
No.6 特集/小児感染症のいまを読み解く
No.5 特集/研修医の「そこが知りたい!」小児アレルギーの疑問
No.増刊号 特集/小児の診療手技
No.4 特集/小児科医に知ってほしいミトコンドリア病UPDATE
No.3 特集/小児のインバウンド医療:国境を越えて移動する子ども
No.2 特集/症例からみた小児集中治療
No.1 特集/小児呼吸器疾患のファーストタッチから専門診療へ
2018年 Vol.81
No.12 特集/難しくない 小児腎領域の難病診療
No.11 特集/今さら聞けない? 小児救急の総復習
No.10 特集/生活習慣病と子ども−DOHaDと健康のカギ
No.9 特集/小児感染症の専門医を目指そう!
No.8 特集/小児の中枢神経画像update
No.7 特集/おさえたい診療ガイドラインのツボ
No.6 特集/日常診療にひそむ小児リウマチ性疾患
No.5 特集/研修医必携!これだけは知ってほしい薬の使い方
No.増刊号 特集/小児の治療指針
No.4 特集/注目すべき国際感染症
No.3 特集/退院から生後1か月までの保護者の不安に答える
No.2 特集/実践!小児漢方 はじめの一手,次の一手
No.1 特集/ここまできた小児神経・筋疾患の診断・治療
2017年 Vol.80
No.12 特集/アレルギー疾患FAQ
No.11 特集/小児科エコー活用術
No.10 特集/日常生活にひそむ小児血液,腫瘍性疾患
No.9 特集/症例から学ぶ感染症診療のコツ
No.8 特集/新しいガイドラインに基づいた最新の夜尿症診療
No.7 特集/新・発達障害支援〜小児科医へのメッセージ
No.6 特集/そうだったのか!今すぐ役立つ小児内分泌のコツ
No.5 特集/研修医が知っておくべき境界領域疾患
No.増刊号 特集/小児科ケースカンファレンス
No.4 特集/今ここでステロイドを再考する
No.3 特集/乳幼児期発症神経疾患のファーストタッチから専門診療
No.2 特集/抗菌薬療法UP-TO-DATE
No.1 特集/小児循環器のファーストタッチから専門診療へ
2016年 Vol.79
No.12 特集/先天異常症候群の新しい展開
No.11 特集/学校保健パーフェクトガイド−新しい小児科専門医
No.10 特集/日本発アレルギー研究最新情報
No.9 特集/ベテラン小児科医が伝授する入院管理・診療のコツ
No.8 特集/小児救急で求められる単純X線写真
No.7 特集/小児循環器治療の最前線−クスリとデバイス
No.6 特集/先天代謝異常症−エキスパートによる最新情報−
No.増刊号 特集/小児の症候群
No.5 特集/研修医のための乳幼児健診のすすめ
No.4 特集/これからどうなる!? 日本の予防接種
No.3 特集/症例から学ぶ小児心身症
No.2 特集/小児在宅医療のエッセンス−必要な知識・技術から
No.1 特集/子どもの外傷〜小児科医でもできること
2015年 Vol.78
No.11 特集/見てわかる小児の皮膚疾患
No.増刊号 特集/疾患からみる画像診断の進め方・読み方
2013年 Vol.76
No.増刊号 特集/理解して出そう小児の検査-オーダー・手技・解釈
2012年 Vol.75
No.増刊号 特集/小児の診療手技100
2011年 Vol.74
No.増刊号 特集/子どもの臨床検査