HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:小児科診療

小児科診療

最新の情報からベーシックな知識までわかりやすくお届けします!

読者の要望にお応えすべくup-to-dateな特集を提供.内容の充実とわかりやすい解説に腐心しました.

一目で要点をとらえ,本文へ読みすすみやすいレイアウト.

「増刊号」・「特大号」を年各1冊発行.読者の厚い信頼に応える内容で日常診療に不可欠な情報満載.

連載「Photo Quiz」ではビジュアルに画像診断のポイントを解説.

2020年 Vol.83 No.10 2020-09-11

小児の学際的な睡眠医療 基礎から臨床をつなぐ

定価:本体2,800円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

序 文  /福水道郎

Ⅰ.睡眠医学の基礎研究 小児睡眠医療に役立つ知見
発達期の睡眠調節制御機構  /小山純正
発達期におけるレム睡眠とノンレム睡眠  /船戸弘正
発達期の体内時計  /本間研一
睡眠覚醒リズム障害とクロノタイプの遺伝学  /平野有沙
小児期の記憶や学習と睡眠  /山田貴志・他
小児期の睡眠覚醒の制御と代謝機能  /笹岡利安・他

Ⅱ.最新の小児睡眠医療を行うために
小児睡眠医療のための医学教育  /立花直子
養育者とのコミュニケーション  /吉崎亜里香
小児ムズムズ脚症候群と睡眠  /長尾ゆり
小児てんかんと睡眠  /木村一恵
ゲーム障害と睡眠~どうしたらゲームより睡眠を選ぶか~  /星野恭子
小児発達障害と睡眠  /牧之段 学・他
小児期の頭痛と睡眠  /杉山華子
小児期の過眠症  /本多 真
発達期の睡眠覚醒リズム異常  /神山 潤
小児期の睡眠呼吸障害  /井下綾子
乳幼児期の自律神経機能・覚醒反応とSIDS,BRUE  /加藤稲子
小児の睡眠と漢方,サプリメント  /和氣 玲

症例報告
ベンゾジアゼピン系薬を投与後に不明熱が改善した重症心身障害児の1例  /森下菖子・他
川崎病罹患後に感音難聴を発症した2歳男児例の報告  /河田奈々子・他

ページの先頭へ戻る

ねらい

福水道郎  /昌仁醫修会 瀬川記念小児神経学クリニック

 人間は生まれか育ちか,遺伝子か環境かではなく,受胎後,その両方が絶えず影響を及ぼしあいながら成長発達していくと考えられている.遺伝子は自らがうまく機能するように環境と作用しあうため,睡眠の発達も遺伝的因子だけで決まるのではなく,環境・経験などに加えて訓練・努力にも影響されると考えられ,睡眠の健全な発達には適切な環境からの働きかけを作ることも必要である.
 「寝る子は育つ」ということわざのとおり,小児にとって睡眠は成長・発達・健康の基盤となる.これらの関係は卵が先か,鶏が先かという問題(chicken-and-egg issue)でもあり,本人を取り巻く環境下での適応状況により睡眠の問題が起き,睡眠の問題は合併症や日中の行動への影響を引き起こす.小児では長い間よい睡眠をとることができれば,健全な成長・発達を促す生活ができ健康寿命も延びる可能性があるが,睡眠不足や生活リズムの異常が子ども時代から続くと将来の健康寿命を損なう可能性が高い.
 「寝る間を惜しんで」ということばもあるが,寝る間を惜しんではいけない.塾で夕夜間勉強し,夕食・入浴が遅くなり,その後オンラインゲーム,YouTube,SNSなど,日中節度をもって楽しむべきことを寝る前に行い,睡眠時間を削る,さらに部活の朝練などでも早朝に起床しなければならない.これらのことで半世紀ほど前の子どもたちと比べても適切な睡眠時間・睡眠覚醒リズムを脅かす要素は多くなっている.老化による生理現象などでもみられる頻繁な日中の居眠り以上に,睡眠覚醒リズムの脆弱性や睡眠不足,疲労などで昼夜逆転している不登校の子を外来で頻繁にみるようになっている.「健康でいたかったら医療に近づくな」という人たちもいるが,これらの問題がある子どもたちの窮状を現代の科学に立脚した医学・医療で救い,将来活躍する土台を作るお手伝いをすることは大変重要と考える.コロナ禍もあり,免疫能を向上させるために良好な睡眠をとることは今後ますます注目されると考えられ,十分な睡眠時間で良好な質の睡眠を適切な時間帯に確保することは毎日の健康や自己肯定感を培う楽しい活動を保つ秘訣である.
 睡眠に関連する医学研究の知見は日々蓄積・更新されており,アップデートした学際的な知識をふまえなければ睡眠の破綻状態をしっかりした手順でよい状態に戻す最良の臨床睡眠医療を行うことは困難である.本号は,学際的な睡眠研究で発見・開発された知識を臨床睡眠医学に応用し,早い段階での最良の睡眠医療や臨床研究の実践につなげることを目的とする小児科医のための睡眠特集号である.本人の健康・成長・発達レベル,気質や親子の状況・相互作用,文化的因子,家族因子など様々な因子が睡眠の問題には反映されるので,これだけ読めば問題を解決できるわけではないが,全人的睡眠医療の一助となるハンドブックとなることを願ってやまない.

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2020年 Vol.83
No.12 特集/医療安全とともに学ぶ「小児の鎮静」最新号
No.11 特集/予防接種パーフェクトガイド
No.10 特集/小児の学際的な睡眠医療 基礎から臨床をつなぐ
No.9 特集/NICU卒業生の予後と診療のポイント
No.8 特集/小児科医の将来を考える
No.7 特集/研修医と指導医に贈る 小児科学研究・論文のススメ
No.6 特集/たかが便秘,されど便秘−小児の便秘を科学する
No.5 特集/研修医必携!心電図判読のコツ
No.増刊号 特集/症候・疾患からみる小児の検査
No.4 特集/小児血液・腫瘍疾患の最前線
No.3 特集/変わりつつある免疫不全症
No.2 特集/知っていますか?小児科領域のスポーツ障害
No.1 特集/神経筋疾患,新たな治療の時代へ
2019年 Vol.82
No.12 特集/子どもの性を多角的に理解しよう
No.11 特集/知っておくべき・知っておきたい小児の皮膚疾患/症状
No.10 特集/子どものこころ診療エッセンス
No.9 特集/小児の食中毒
No.8 特集/子どものあたま、かお、くびの病気〜コンサルのタイミング
No.7 特集/小児循環器領域の生涯包括遺伝医療
No.6 特集/小児感染症のいまを読み解く
No.5 特集/研修医の「そこが知りたい!」小児アレルギーの疑問
No.増刊号 特集/小児の診療手技
No.4 特集/小児科医に知ってほしいミトコンドリア病UPDATE
No.3 特集/小児のインバウンド医療:国境を越えて移動する子ども
No.2 特集/症例からみた小児集中治療
No.1 特集/小児呼吸器疾患のファーストタッチから専門診療へ
2018年 Vol.81
No.12 特集/難しくない 小児腎領域の難病診療
No.11 特集/今さら聞けない? 小児救急の総復習
No.10 特集/生活習慣病と子ども−DOHaDと健康のカギ
No.9 特集/小児感染症の専門医を目指そう!
No.8 特集/小児の中枢神経画像update
No.7 特集/おさえたい診療ガイドラインのツボ
No.6 特集/日常診療にひそむ小児リウマチ性疾患
No.5 特集/研修医必携!これだけは知ってほしい薬の使い方
No.増刊号 特集/小児の治療指針
No.4 特集/注目すべき国際感染症
No.3 特集/退院から生後1か月までの保護者の不安に答える
No.2 特集/実践!小児漢方 はじめの一手,次の一手
No.1 特集/ここまできた小児神経・筋疾患の診断・治療
2017年 Vol.80
No.12 特集/アレルギー疾患FAQ
No.11 特集/小児科エコー活用術
No.10 特集/日常生活にひそむ小児血液,腫瘍性疾患
No.9 特集/症例から学ぶ感染症診療のコツ
No.8 特集/新しいガイドラインに基づいた最新の夜尿症診療
No.7 特集/新・発達障害支援〜小児科医へのメッセージ
No.6 特集/そうだったのか!今すぐ役立つ小児内分泌のコツ
No.5 特集/研修医が知っておくべき境界領域疾患
No.増刊号 特集/小児科ケースカンファレンス
No.4 特集/今ここでステロイドを再考する
No.3 特集/乳幼児期発症神経疾患のファーストタッチから専門診療
No.2 特集/抗菌薬療法UP-TO-DATE
No.1 特集/小児循環器のファーストタッチから専門診療へ
2016年 Vol.79
No.11 特集/学校保健パーフェクトガイド−新しい小児科専門医
No.増刊号 特集/小児の症候群
2015年 Vol.78
No.増刊号 特集/疾患からみる画像診断の進め方・読み方