HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:小児科診療

小児科診療

最新の情報からベーシックな知識までわかりやすくお届けします!

読者の要望にお応えすべくup-to-dateな特集を提供.内容の充実とわかりやすい解説に腐心しました.

一目で要点をとらえ,本文へ読みすすみやすいレイアウト.

「増刊号」・「特大号」を年各1冊発行.読者の厚い信頼に応える内容で日常診療に不可欠な情報満載.

連載「Photo Quiz」ではビジュアルに画像診断のポイントを解説.

2021年 Vol.84 No.4 2021-03-12

小児科医の疑問に答える!子どもと新型コロナウイルス

定価:3,080円(本体価格2,800円+税)

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

序 文  /星野 直・山岸敬幸 

Ⅰ.基礎の疑問に答える
ウイルス学的特徴は?  /森内浩幸 
世界的流行はどのように起こった?  /菅谷憲夫 
小児における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の広がりと対策は?  /新橋玲子・他 
クラスターとは?  /新庄正宜 

Ⅱ.診療の疑問に答える
子どもの臨床像とは?  /堀越裕歩 
病原診断はどのようにすすめる?  /河島尚志・他 
特徴的な画像所見とは?  /服部真也・他 
気管支喘息への影響は?  /松本 翼・他 
循環器疾患への影響は?  /小柳喬幸・他 
糖尿病への影響は?  /皆川真規 
Multisystem inflammatory syndrome-Cと川崎病との関連性は?  /濱田洋通 
新生児への影響は?  /森岡一朗 

Ⅲ.治療・管理の疑問に答える
医療従事者の感染対策は?  /満田年宏 
家庭や学校の感染対策は?  /内田敬子 
治療薬の現状は?  /森島恒雄 
重症例の特徴と治療は?  /中川 聡 
新型コロナウイルスワクチンの開発は?  /安原敦洋・他 
子どものメンタルケアは?  /鴇田夏子 

症例報告
炊飯添加型サプリメントが奏功した発達障害を伴う壊血病児の1例  /中野友理佳・他
頭痛関連の周期性嘔吐症候群が再燃した14歳女子例  /秋谷 進

ページの先頭へ戻る

ねらい

小児科医の疑問に答える!子どもと新型コロナウイルス

星野 直  /千葉県こども病院感染症科
山岸敬幸  /慶應義塾大学医学部小児科

 2019年末に,中国で新型肺炎として確認され,その後SARS-CoV-2が原因と同定された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は,瞬く間に世界的なアウトブレイクとなりました.以降も流行の勢いは衰えることなく,2021年2月3日現在,わが国は第3波の最中にあります.
 ご存知の通り,COVID-19は,高齢者を中心に重症例が相次ぎ,医療崩壊が現実のものとなりました.また,東京オリンピック・パラリンピックの延期や,緊急事態宣言に伴う経済への影響など,医療にとどまらず,私たちの日常生活を変えてしまうようなインパクトをもっています.子どもたちに与えた影響も甚大であり,1回目の緊急事態宣言下では,ほとんどの学校で休校措置が取られました.その結果,多くの子どもたちが,教育や,学校生活を通じて得られるはずの様々な経験の機会を失いました.
 一方,当初はわからなかったSARS-CoV-2,そしてCOVID-19の特徴が明らかとなりつつあります.また,重症例に対する治療の分野でも進歩がみられています.さらに,待望のワクチン接種も間もなく始まります.しかし,ワクチン免疫の持続期間や集団免疫効果については未知数であり,無症状の患者が多いゆえ,感染のコントロールにはまだ時間を要することも想定されています.アウトブレイクの長期化が予想されるなか,本疾患と対峙しつつ日常の診療をすすめていくこと,そして,子どもたちに平穏な生活を送ってもらうことは,小児科にとって大きな課題です.また,2009年の新型インフルエンザとは異なり,成人を中心とした流行であるため,小児に関する知見は成人のそれと比べると乏しい,という事実があります.すなわち,小児科医のCOVID-19に関する疑問は,まだ多いのが実情です.
 そこで,このような現状に応えるべく,小児のCOVID-19に関する特集を企画しました.ウイルス学,疫学に始まり,臨床的特徴,診断,基礎疾患による影響,治療,予防,そして,メンタルケアに至るまで,小児のCOVID-19に関する幅広い分野をテーマとし,18の疑問として取り上げました.それぞれをご専門とされる先生から,わかりやすく解説していただいています.
 本特集は,特集名が示すように,「小児科医のCOVID-19に関する疑問に答える」うえで,自信をもっておすすめできる1冊となりました.ぜひ,コロナ禍の診療における必携の1冊として,お手元に置いていただければ,と思います.
 最後になりますが,このような素晴らしい特集を組めたのは,多忙極まるなか,快くご執筆をご担当いただいた先生方のおかげです.この場を借りて心より御礼申し上げます.

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2021年 Vol.84
No.8 特集/発生学から考えてみよう!小児の先天疾患最新号
No.7 特集/小児栄養 UP to DATE
No.6 特集/統計的分析手法と研究デザイン
No.5 特集/乳幼児健診実践ガイド
No.増刊号 特集/〜エキスパートの経験に学ぶ〜小児科 Decision Making
No.4 特集/小児科医の疑問に答える!子どもと新型コロナウイルス
No.3 特集/災害時の小児医療〜災害の経験を今後に活かす〜
No.2 特集/新ガイドラインの理解を深める 新生児マススクリーニング
No.1 特集/学童期の神経疾患のファーストタッチから専門診療へ
2020年 Vol.83
No.12 特集/医療安全とともに学ぶ「小児の鎮静」
No.11 特集/予防接種パーフェクトガイド
No.10 特集/小児の学際的な睡眠医療 基礎から臨床をつなぐ
No.9 特集/NICU卒業生の予後と診療のポイント
No.8 特集/小児科医の将来を考える
No.7 特集/研修医と指導医に贈る 小児科学研究・論文のススメ
No.6 特集/たかが便秘,されど便秘−小児の便秘を科学する
No.5 特集/研修医必携!心電図判読のコツ
No.増刊号 特集/症候・疾患からみる小児の検査
No.4 特集/小児血液・腫瘍疾患の最前線
No.3 特集/変わりつつある免疫不全症
No.2 特集/知っていますか?小児科領域のスポーツ障害
No.1 特集/神経筋疾患,新たな治療の時代へ
2019年 Vol.82
No.12 特集/子どもの性を多角的に理解しよう
No.11 特集/知っておくべき・知っておきたい小児の皮膚疾患/症状
No.10 特集/子どものこころ診療エッセンス
No.9 特集/小児の食中毒
No.8 特集/子どものあたま、かお、くびの病気〜コンサルのタイミング
No.7 特集/小児循環器領域の生涯包括遺伝医療
No.6 特集/小児感染症のいまを読み解く
No.5 特集/研修医の「そこが知りたい!」小児アレルギーの疑問
No.増刊号 特集/小児の診療手技
No.4 特集/小児科医に知ってほしいミトコンドリア病UPDATE
No.3 特集/小児のインバウンド医療:国境を越えて移動する子ども
No.2 特集/症例からみた小児集中治療
No.1 特集/小児呼吸器疾患のファーストタッチから専門診療へ
2018年 Vol.81
No.12 特集/難しくない 小児腎領域の難病診療
No.11 特集/今さら聞けない? 小児救急の総復習
No.10 特集/生活習慣病と子ども−DOHaDと健康のカギ
No.9 特集/小児感染症の専門医を目指そう!
No.8 特集/小児の中枢神経画像update
No.7 特集/おさえたい診療ガイドラインのツボ
No.6 特集/日常診療にひそむ小児リウマチ性疾患
No.5 特集/研修医必携!これだけは知ってほしい薬の使い方
No.増刊号 特集/小児の治療指針
No.4 特集/注目すべき国際感染症
No.3 特集/退院から生後1か月までの保護者の不安に答える
No.2 特集/実践!小児漢方 はじめの一手,次の一手
No.1 特集/ここまできた小児神経・筋疾患の診断・治療
2017年 Vol.80
No.11 特集/小児科エコー活用術
No.増刊号 特集/小児科ケースカンファレンス
2016年 Vol.79
No.増刊号 特集/小児の症候群