HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:小児科診療

小児科診療

最新の情報からベーシックな知識までわかりやすくお届けします!

読者の要望にお応えすべくup-to-dateな特集を提供.内容の充実とわかりやすい解説に腐心しました.

一目で要点をとらえ,本文へ読みすすみやすいレイアウト.

「増刊号」・「特大号」を年各1冊発行.読者の厚い信頼に応える内容で日常診療に不可欠な情報満載.

連載「Photo Quiz」ではビジュアルに画像診断のポイントを解説.

2021年 Vol.84 No.9 2021-08-10

おさえたい川崎病ガイドラインのツボ

定価:3,080円(本体価格2,800円+税)

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

序 文  /三浦 大・山岸敬幸

Ⅰ.ガイドラインに基づく急性期治療
「急性期治療のガイドライン」改訂のポイント  /三浦 大
免疫グロブリン  /鮎澤 衛 
プレドニゾロン  /小林 徹 
メチルプレドニゾロンパルス  /宮田功一
インフリキシマブ  /山村健一郎 
ウリナスタチン  /金井貴志 
シクロスポリンA  /鈴木啓之・他 
血漿交換  /伊藤秀一 

Ⅱ.ガイドラインに基づく心臓血管後遺症の診療
「心臓血管後遺症の診断と治療に関するガイドライン」改訂のポイント  /深澤隆治 
心電図・心エコー  /濱田洋通 
冠動脈画像検査  /須田憲治 
動脈硬化の管理  /池田和幸
薬物療法  /松裏裕行 
冠動脈血行再建術  /津田悦子 
ライフステージに応じた管理  /三谷義英

Ⅲ.ガイドラインの変遷と影響
川崎病診断の手引きとガイドラインの変遷  /中村好一 
川崎病全国調査にみるガイドラインが与えた急性期治療への影響  /阿江竜介 
DPCデータにみる診療体制と医療経済への影響  /大久保祐輔 

症例報告
眼窩内乳児血管腫2例におけるプロプラノロールの効果と視力への影響  //町田 修・他 
頭部MRIが診断に有用で,脳死肝移植につながったWilson病の1例  渡會麻未・他

ページの先頭へ戻る

ねらい

三浦 大  /東京都立小児総合医療センター循環器科
山岸敬幸  /慶應義塾大学小児科

 昨年(2020年)は,川崎病の歴史において大きなターニングポイントになりました.
 まず,6月にとても残念なことに,発見者である川崎富作先生が鬼籍に入られました.川崎先生は,日本赤十字社医療センターの退職後も,川崎病の疫学研究や原因究明などに取り組んでこられました.晩年まで,奥様と一緒に川崎病に関する様々な学会・研究会に参加され,後進を鼓舞されたお姿は今も目に焼き付いて離れません.
 9月には,川崎病の子どもをもつ親の会の代表であった浅井満様が,川崎先生の後を追うように急逝されました.浅井様は,お子様を川崎病で亡くすという不幸を乗り越え,本会を設立されました.会報や相談会を通じて,川崎病の患者さんやご家族のために長年尽力されました.
 本特集を企画するにあたり,まずお二人の安らかなご冥福を心よりお祈り申し上げます.
 しかし,悲しいことばかりではありません.川崎病急性期治療のガイドラインと川崎病心臓血管後遺症の診断と治療に関するガイドラインという2つの重要なガイドラインが発表されました.それぞれ8年ぶり,7年ぶりの改訂になります.この2つの成果の要点を若手からベテランまで幅広い先生方にご紹介するため,本誌でお届けしてきた「ガイドラインのツボ」シリーズの一貫として,今回の特集号を企画しました.
 それぞれのガイドラインの主要な執筆者には,ガイドラインのツボ(要点)だけでなく,欧米のガイドラインとの比較による国際的な動向についてご記載をお願いしました.ガイドラインを書く際には,どうしても教科書的なハードな内容になってしまいますので,そこには書けないような臨床のコツについてソフトに述べていただきました.川崎病の日常臨床において,とても貴重なアドバイスになることでしょう.
 また,ガイドラインや診断の手引きの変遷,および全国調査やDPCデータからみた診療体制への影響についても専門の先生方にご執筆いただきました.ガイドラインによって生じた実臨床や医療経済における興味深い変化を知ることができます.
 わが国では,少子化にもかかわらず川崎病の新規発生数は増加し続け,罹患率(0~4歳児10万人あたり300人以上)は世界最高です.ほとんどの小児科医は患者さんを経験し,年間数十例の入院がある施設も多いでしょう.症例報告・ケースシリーズ,後ろ向き研究など臨床研究に初めて入門する若手医師にも相応しい対象であり,本特集号はその研究発表にも必ず役立つものと確信いたします.
 そして,読者の皆様には,5~10年後のガイドラインの改訂に向けて,ぜひ質の高い川崎病の臨床研究に挑んでほしいと思います.本特集号に提示されている「今後の期待される研究テーマ」を参考に,天国の川崎先生や浅井様のためにも,川崎病の発見の地であるわが国から新しいエビデンスを創出し,世界に発信していこうではありませんか.

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は論文単位でPDFファイルのダウンロード購入
が可能です.詳細はメディカルオンラインへ            

2021年 Vol.84
No.12 特集/治療可能な先天代謝異常症を診断しよう!最新号
No.11 特集/小児遺伝子疾患事典
No.10 特集/頭痛診療の基本から最新の知見まで
No.9 特集/おさえたい川崎病ガイドラインのツボ
No.8 特集/発生学から考えてみよう!小児の先天疾患
No.7 特集/小児栄養 UP to DATE
No.6 特集/統計的分析手法と研究デザイン
No.5 特集/乳幼児健診実践ガイド
No.増刊号 特集/〜エキスパートの経験に学ぶ〜小児科 Decision Making
No.4 特集/小児科医の疑問に答える!子どもと新型コロナウイルス
No.3 特集/災害時の小児医療〜災害の経験を今後に活かす〜
No.2 特集/新ガイドラインの理解を深める 新生児マススクリーニング
No.1 特集/学童期の神経疾患のファーストタッチから専門診療へ
2020年 Vol.83
No.12 特集/医療安全とともに学ぶ「小児の鎮静」
No.11 特集/予防接種パーフェクトガイド
No.10 特集/小児の学際的な睡眠医療 基礎から臨床をつなぐ
No.9 特集/NICU卒業生の予後と診療のポイント
No.8 特集/小児科医の将来を考える
No.7 特集/研修医と指導医に贈る 小児科学研究・論文のススメ
No.6 特集/たかが便秘,されど便秘−小児の便秘を科学する
No.5 特集/研修医必携!心電図判読のコツ
No.増刊号 特集/症候・疾患からみる小児の検査
No.4 特集/小児血液・腫瘍疾患の最前線
No.3 特集/変わりつつある免疫不全症
No.2 特集/知っていますか?小児科領域のスポーツ障害
No.1 特集/神経筋疾患,新たな治療の時代へ
2019年 Vol.82
No.12 特集/子どもの性を多角的に理解しよう
No.11 特集/知っておくべき・知っておきたい小児の皮膚疾患/症状
No.10 特集/子どものこころ診療エッセンス
No.9 特集/小児の食中毒
No.8 特集/子どものあたま、かお、くびの病気〜コンサルのタイミング
No.7 特集/小児循環器領域の生涯包括遺伝医療
No.6 特集/小児感染症のいまを読み解く
No.5 特集/研修医の「そこが知りたい!」小児アレルギーの疑問
No.増刊号 特集/小児の診療手技
No.4 特集/小児科医に知ってほしいミトコンドリア病UPDATE
No.3 特集/小児のインバウンド医療:国境を越えて移動する子ども
No.2 特集/症例からみた小児集中治療
No.1 特集/小児呼吸器疾患のファーストタッチから専門診療へ
2018年 Vol.81
No.12 特集/難しくない 小児腎領域の難病診療
No.11 特集/今さら聞けない? 小児救急の総復習
No.10 特集/生活習慣病と子ども−DOHaDと健康のカギ
No.9 特集/小児感染症の専門医を目指そう!
No.8 特集/小児の中枢神経画像update
No.7 特集/おさえたい診療ガイドラインのツボ
No.6 特集/日常診療にひそむ小児リウマチ性疾患
No.5 特集/研修医必携!これだけは知ってほしい薬の使い方
No.増刊号 特集/小児の治療指針
No.4 特集/注目すべき国際感染症
No.3 特集/退院から生後1か月までの保護者の不安に答える
No.2 特集/実践!小児漢方 はじめの一手,次の一手
No.1 特集/ここまできた小児神経・筋疾患の診断・治療
2017年 Vol.80
No.11 特集/小児科エコー活用術
No.増刊号 特集/小児科ケースカンファレンス