HOME > 書籍詳細

書籍詳細

ナースのための心電図マスターガイド診断と治療社 | 書籍詳細:ナースのための心電図マスターガイド
不整脈診断スキルアップ

樅山 幸彦(もみやま ゆきひこ) 編集

1版 B5変型 並製 126頁 2005年09月20日発行

ISBN9784787814272

定価:本体3,200円+税
  

立ち読み機能は、ただ今準備中です  


看護師向けに挿絵をまじえて基礎から心電図のよみ方をわかりやす く解き明かした.臨床現場ですぐに役立つ不整脈識別の要点をポイ ントとアドバイスとしてまとめ,退屈な教科書から見事に脱皮した. 12誘導心電図についてもそのエッセンスが簡潔に示され,かい摘ん で読むうちに“ハートウォッチング”の楽しさが自然と感じられる ように工夫されている.ナースステーションで引っ張りだこ間違い ナシの1冊.

関連書籍

ページの先頭へ戻る

目次

第1章 心電図の基礎
    A.心臓の刺激伝導系
    B.心電図波形の意味
    C.心拍数(Heart Rate:HR)
第2章 期外収縮
    A.期外収縮とは
    B.心室性期外収縮(PVC)
    C.心房性期外収縮(PAC)
    D.房室接合部性期外収縮(PJC)
第3章 心房性不整脈
    A.心房性不整脈とは
    B.発作性心房頻拍
(Paroxysmal Atrial Tachycardia:PAT)
    C.多源性心房頻拍
(Multifocal Atrial Tachycardia:MAT)
    D.心房粗動(Atrial Flutter:AFL)
    E.心房細動(Atrial Fibrillation:AF)
第4章 房室接合部性不整脈とWPW症候群
    A.房室接合部頻拍(Junctional Tachycardia)
    B.WPW症候群
第5章 心室性不整脈
    A.心室性不整脈とは
    B.心室頻拍(Ventricular Tachycardia:VT)
    C.心室粗動(Ventricular Flutter:VFL)
    D.心室細動(Ventricular Fibrillation:VF)
    E.促進した心室固有調律
     (Accelerated Idioventricular Rhythm:AIVR)
第6章 房室ブロック
    A.房室ブロックとは(AV Block)
    B.1度房室ブロック
    C.ウェンケバッハ型2度房室ブロック
    D.モービッツ2型2度房室ブロック
    E.完全房室ブロック
第7章 洞房ブロック
    A.洞房ブロックとは(SA Block)
    B.ウェンケバッハ型2度洞房ブロック
    C.モービッツ2型2度洞房ブロック
第8章 不整脈の鑑別と抗不整脈剤
    A.正常QRS波の規則的な頻脈を見た時
    B.正常QRS波の不規則な頻脈を見た時
    C.幅広いQRS波の規則的な頻脈を見た時
    D.メチャクチャ速い頻脈を見た時
    E.突然の長い休止期(長いR-R間隔)を見た時
    F.よく用いられる抗不整脈剤
第9章 12誘導心電図の基礎
    A.12誘導心電図
    B.電気軸と回転
    C.心電図記録のしかた
第10章 正常の心電図波形と異常所見
    A.12誘導心電図の見方
    B.P波(P wave)
    C.PQ間隔(PQ interval)
    D.QRS幅(QRS width)
    E.QRS波(QRS complex)
    F.ST部分(ST segment)とT波(T wave)
    G.QT間隔(QT interval)
第11章 冠動脈疾患の心電図所見
    A.心筋梗塞(Myocardial Infarction:MI)
    B.狭心症(Angina Pectoris)
第12章 各疾患の心電図所見
    A.高血圧症(Hypertension)
    B.大動脈弁狭窄症(Aortic Stenosis:AS)
    C.大動脈弁閉鎖不全症(Aortic Regurgitation:AR)
    D.僧帽弁閉鎖不全症(Mitral Regurgitation:MR)
    E.僧帽弁狭窄症(Mitral Stenosis:MS)
    F.肥大型心筋症
(Hypertrophic Cardiomyopathy:HCM)
    G.拡張型心筋症(Dilated Cardiomyopathy:DCM)
    H.肺塞栓症(Pulmonary Embolism:PE)
参考文献
索 引

ページの先頭へ戻る

序文

子どもの時に慢性湿疹で困ったのをきっかけに皮膚科医を目指し,
2年間の内科研修の後には皮膚科入局を予定していました.内科研
修の中で循環器は一番難しいイメージがあり,心電図を勉強しよう
と本を買ってはみたものの最初に+や−の記号やベクトルが出てき
て嫌いになった思い出があります.そんな自分に心電図や不整脈に
親しみと興味を持たせてくださったのが,現在済生会中央病院副院
長の三田村秀雄先生でした.
「心臓はポンプの役目しかない単純な臓器で病気の種類も一番少な
いよ」と教わりました.新人ナースの勉強会では“今ハートウォッ
チングがトレンディー”と題して「土曜の深夜,君は何をしている?
もしモニターの前でハートウォッチングしているのなら君はデキル.
心電図モニターは,他人に打ち明けられない胸の痛みをST変化とし
て離れていてもバラしてしまう恐ろしい機械だ.心拍数の変化はウ
ソ発見器としても使え,近づいた人の心拍数が増えれば君はひょっ
として美人かも…….心拍数が遅くなるなら君には人の心を休める
才能があると解釈しよう」.そして「ハートウォッチングの達人は
P波を男の子,QRS波を女の子とみる.当然目につくのが女の子で,
女の子がいなければ死んでしまう.女の子が多過ぎてもドキドキし,
特にグラマーな女性(wide QRS)ばかり(VT)だと気を失うかもし
れないし,死んでもいいという人もいる.要はまず女の子の数をみ
て,次にスリムな子とグラマーな子を見分け,その後男の子も一応
みる.最後に男の子と女の子が手をつないでツーショットか,仲が
悪いかをみる」と教えておられたのを思い出します.
そして自分はといえば,ついに皮膚科入局はやめて循環器医となり,
かの三田村先生に一歩でも近づきたくて,済生会中央病院や防衛医
科大学校病院で不整脈の勉強会を行ってきました.そして,いつの
日かP波を男の子,QRS波を女の子に喩えたわかりやすい本を作りた
いと思ってきました.
そして,ようやくここに,長年暖めてきた構想が実現しました.し
かし,男の子と女の子では心ならずもセクハラ的表現になるおそれ
があったので,実際には男の子とペットのペアの形になりましたが,
基本は同じです.
勉強会での経験から,ナースの方達には理解しにくく思われた点を
わかりやすくかつ簡潔に記述し,さらに難しくてもぜひ覚えてもら
いたい部分はすべて記載したつもりです.心電図や不整脈を診断す
る上で大切な言葉は強調文字としました.この本では理論的な部分
はできるだけ省き,心電図の実例を多くとり入れ,実践的な本にし
たいと考えました.わからない不整脈に出会った時にも調べやすく,
見やすいように配慮しました.
筆者自身,循環器の診療に携わってはいますが不整脈の専門家では
なく,この本をきっかけに不整脈を一層勉強を重ねたいと思ってい
ます.言葉の足らないところや勉強の足らないところについては,
ぜひご意見をいただいて改善していきたいと思います.何よりも,
この本が心電図や不整脈を勉強したいと思っているナースの方々の
ために少しでも役立てばと思います.
 最後に,あたたかく御指導下さった防衛医科大学校の大鈴文孝教
授および東京都済生会中央病院の三田村秀雄副院長に感謝します.

2005年9月
著者