HOME > 書籍詳細

書籍詳細

診療に役立つ学べる感染症診断と治療社 | 書籍詳細:診療に役立つ学べる感染症
カラーイラストレイティッド

川崎医科大学名誉教授

松島 敏春(まつしま としはる) 編著

昭和大学医学部臨床感染症学講座教授

二木 芳人(にき よしひと) 編著

川崎医科大学小児科学教室主任教授

尾内 一信(おうち かずのぶ) 編著

川崎医科大学小児科学教室教授

寺田 喜平(てらだ きへい) 編著

初版 B5判 並製 328頁 2012年02月06日発行

ISBN9784787819192

定価:本体7,800円+税
  

ご覧になるためにはAdobe Flash Player® が必要です  


オールカラー・図表満載!症例や各項目末の問題,用語解説付きで初学者に学びやすい感染症のスタンダードテキスト.感染症を診る若手医師必携の1冊.

関連書籍

ページの先頭へ戻る

目次

CONTENTS

  序文
  執筆者一覧


A.原因微生物
 1  細菌    /山根一和   
 2  ウイルス    /藤井 豊  
 3  マイコプラズマ,クラミジア    /宮下修行 
 4  リケッチア    /岸本寿男 
 5  スピロヘータ    /山根一和 
 6  寄生虫    /沖野哲也 
 7  真菌    /吉田耕一郎
 8  プリオン    /砂田芳秀

B.宿主別感染症
 1  小児の感染症    /寺田喜平
 2  高齢者の感染症    /井上和彦
 3  膠原病と感染症    /守田吉孝
 4  腎疾患と感染症(腎不全と透析に関連した感染症)    
     /佐々木 環,藤本壮八,柏原直樹
 5  糖尿病と感染症    /松木道裕
 6  血液悪性腫瘍と感染症    /和田秀穂 
 7  固形がんと感染症    /岡脇 誠,山口佳之  
 8  移植と感染症    /田坂大象 

C.主な疾患
 1  不明熱    /小橋吉博
 2  急性上気道炎    /山下直人 
 3  耳鼻咽喉科関連感染    /福島久毅 
 4  下気道感染    /松島敏春 
 5  結核(抗酸菌感染)    /小橋吉博
 6  尿路感染    /藤井智浩,永井 敦
 7  敗血症    /宮下修行
 8  腹腔内感染(肝膿瘍,腹膜炎)    /是永匡紹
 9  心血管系感染    /根石陽二  
 10  中枢神経感染    /黒川勝己 
 11  皮膚軟部組織感染    /牧野英一  
 12  外傷と感染    /荻野隆光 
 13  消化管感染(食道・胃)    /鎌田智有 
 14  消化管感染(下部消化管)    /垂水研一,春間 賢 
 15  骨と関節の感染    /梅原憲史 
 16  性感染症と生殖器感染(女性)    /下屋浩一郎 
 17  性感染症と生殖器感染(男性)    /藤井智浩,永井 敦 
 18  肝炎    /是永匡紹  
 19  HIV,HTLV    /和田秀穂  
 20  深在性真菌感染    /吉田耕一郎 
 21  小児の細菌感染    /尾内一信  
 22  小児のウイルス感染    /寺田喜平 
 23  感染性発疹    /寺田喜平  
 24  海外からの輸入感染    /中野貴司 

D.診断の総論
 1  検査・診断の実際    /山根一和 
 2  検体の採り方    /河口 豊 

E.治療の総論
 1  細菌    /二木芳人  
 2  ウイルス    /寺田喜平  
 3  真菌    /吉田耕一郎 

F.予防の総論
 1  予防接種    /寺田喜平 
 2  院内感染対策    /山根一和 
 3  感染症法    /寺田喜平

付録
 1  感染症治療薬一覧 
 2  薬物相互作用一覧 

  問題の解答
  INDEX

ページの先頭へ戻る

序文

 川崎医科大学では,2011年より感染症の講義ユニットが新しく始まりました.新しい講義ユニットですので,講義内容の検討や教科書の選定には大変苦労しました.教科書として適当な本をいろいろ探しましたが,ふさわしい本はなく,それなら思い切って自分たちで教科書を作ろうということになりました.幸い,川崎医科大学呼吸器内科には故副島林造教授,松島敏春現名誉教授,昭和大学の二木芳人教授という感染症に強い先生方が所属していらっしゃったこともあり,それに伴って感染症専門医や指導医だけでなく感染症に興味を持つ多くの医師が育つことになりました.私自身も科は異なりますが,3人の先生方から多くの教えをいただいた者のひとりです.また小児科にも,尾内一信教授,中野貴司教授と感染症関係の指導者がいらっしゃいます.一時は感染症指導医の数が日本で一番多い大学であったと聞いています.そして現在もなお,感染症に興味を持つ医師,感染症専門医や指導医が多く在籍しています.
 この本の特徴は,感染症の知識を基礎から臨床へとつなげることを大きな柱としています.臨床で疑問となった時に,基本に戻ることができるように配慮しています.またできるだけわかりやすいイラストや図,表を利用して,自分で学べるように工夫し,さらに感染症に興味のある研修医や感染症専門医を目指す方でも利用できるように配慮しました.感染症を宿主別に分けて,小児,高齢者,膠原病,腎疾患,糖尿病,血液悪性腫瘍などと,関連する感染症をまとめたことも特徴です.診断の基本や忘れがちな検体の採り方,さらに治療についても細菌,ウイルス,真菌に分けてまとめています.また多くの基本的な症例を呈示しています.きっと多くの学生や研修医,感染症に興味のある先生方に満足していただけると信じています.しかし,まだまだ至らない点もあるかと思いますので,皆様からのご指導,ご鞭撻をいただければ幸いです.
 今回,私が講義ユニットの責任者ということで,大先輩の先生方を差し置いて序文を書かせていただきましたが,本来なら末席にいるものであり,どうかお許しください.
 最後に,出版にあたり,ご尽力くださった編集の先生方,ご多忙の中,原稿をご執筆いただいた先生方に心より感謝いたします.また,診断と治療社の土橋幸代さん,二村香央里さんには並々ならずお世話になりました.ありがとうございました.

   2011年12月吉日
川崎医科大学小児科学教室
寺田喜平