HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:脳と発達

脳と発達

日本小児神経学会の機関誌で,日本を大豊する小児神経専門誌.

2018年 Vol.50 No.4 2018-06-27

定価:本体1,500円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

= 巻頭言 =
新編集委員長就任のご挨拶   山本俊至

=小児神経科医が知っておくべき遺伝学的検査シリーズ=
筋力低下と舌の線維束性収縮を認めた1歳6か月男児   荒川玲子,斎藤加代子

=リレーエッセイ=
「現場」に臨む日々   大瀧 潮

=特集・第59回日本小児神経学会学術集会=
(2017年6月15日~17日,大阪)
<シンポジウム5:日本の学習障害 ~日本の今とこれから~>
序論   若宮英司
日本語の発達性読み書き障害に関連する脳領域   関あゆみ
併存症,遺伝子研究から発達性読み書き障害の病態を展望する   岡 牧郎
漢字書字障害の要因 ―身体動作と学習の関連性―   畑中マリ

=原著論文=
軽微な頭部外傷後の基底核脳梗塞とmineralizing angiopathyの関連についての検討
    高嶋裕美子,池田 梓,辻  恵,露崎 悠,市川和志,相田典子,後藤知英
薬剤抵抗性の小児慢性片頭痛におけるtopiramate予防内服   林田拓也,斎藤義朗,前垣義弘

=症例報告=
血漿交換を要した抗myelin oligodendrocyte glycoprotein抗体陽性の
  急性散在性脳脊髄炎に続発する視神経炎の男児例
      高島光平,高野知行,松井 潤,西倉紀子,底田辰之,丸尾良浩 
免疫療法が著効し,自己免疫による発達退行と考えられた1例
    上野弘恵,池田ちづる,島津智之,岡田拓巳,澤田貴彰,水上智之,石津棟暎,松田悠子,佐々木征行,
    高橋幸利 
早期の単純血漿交換療法と免疫抑制剤導入が有効であった抗筋特異的
 チロシンキナーゼ(MuSK)抗体陽性重症筋無力症の1例
    浅井 完,石井雅宏,下野昌幸,五十嵐亮太,松田夢子,福田智文,千手絢子,高野志保,塩田直樹,
    楠原浩一

=短報=
けいれん重積型(二相性)急性脳症の画像所見を呈した急性巣状細菌性腎炎の1例
    中澤友幸,細井賢二,真弓怜奈,村野弥生,山田浩之,宮崎菜穂,新島新一,清水俊明
Methylphenidate内服中に脳出血を来したADHDの男子例
    林 貴大,木村暢佑,中森いづみ,樋口嘉久,宮嶋智子
児童発達支援センターおよび児童発達支援事業所における事故防止対策の現状
    植田紀美子,米本直裕,山根希代子

=報告=
第3回小児神経学サテライトセミナー   大府正治,浜野晋一郎,熊田聡子

=ニュース=
専門医ニュース
共同研究支援ニュース
人事往来
内外の学術集会
遺伝シリーズコラム
書評
医学会だより
第4回小児神経学サテライトセミナー
第48回小児神経学セミナー

=議事録=
専門医委員会
編集後記

「脳と発達(NO TO HATTATSU)」は Index Medicus,EMBASE/Excerpta Medicaに記載されています.

English contents are on the last page.

ページの先頭へ戻る

バックナンバー一覧

2018年 Vol.50
No.5最新号
No.4
No.3
No.2
No.1
2017年 Vol.49
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
2016年 Vol.48
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
2015年 Vol.47
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1