HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:診断と治療

診断と治療

最新の医学情報を最高の執筆陣でお届けする内科総合雑誌のパイオニア!

わが国の内科総合誌のパイオニアで,数ある総合誌のなかでも抜群の安定性と評価を誇る.

新進気鋭の編集委員を迎え,最新情報を盛り込み読みごたえ満点.

連載 「症例を俯瞰する総合診療医の眼」 「人気の診療科紹介」 「注目の新薬」.

増刊号も毎回シャープな切り口と実際的な内容が大好評.

2色刷のビジュアルな誌面.

2018年 Vol.106 No.4 2018-04-06

腎疾患診療の未来 最新知見のエッセンシ

定価:本体2,500円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

ねらい 今井圓裕

◆腎疾患の疫学・病因の研究の進歩
慢性腎臓病(CKD)の疫学  菱田 学,他
急性腎障害(AKI)の疫学・診断・治療のアップデート  山下徹志,他
急速進行性糸球体腎炎のアップデート  有村義宏
IgA腎症の発症機構  狩野俊樹,他
膜性腎症の原因抗原  秋山真一,他
CKD-MBD   濱野高行

◆腎臓基礎研究の最先端
糖尿病性腎症におけるSirt1の役割  久米真司 
C3腎症とaHUS  菅原有佳,他
オートファジーと腎疾患  高畠義嗣,他
ポドサイト研究の最前線  牧野慎市,他
腎不全患者の尿毒症毒素に対する治療  三島英換,他
原発性アルドステロン症の診断の進歩  佐藤文俊,他

◆腎疾患の新たな治療の可能性
リツキシマブの腎疾患治療への応用  坪井直毅,他
トルバプタンの腎疾患治療への応用  望月俊雄,他
バルドキソロンメチルの腎疾患治療への可能性  内田梨沙,他
高尿酸血症治療薬の可能性  大野岩男
ループス腎炎治療薬の進歩  廣村桂樹,他
糖尿病治療薬の腎作用  四方賢一
腎疾患患者の妊娠:診療ガイドライン2017  内田啓子 

連 載
◎症例を俯瞰する総合診療医の眼
突然出現した腹痛と下痢で受診した45歳男性  青森地域医療研究会 
◎人気の診療科紹介
国立病院機構久里浜医療センター  水上 健  
◎注目の新薬
リンゼス®錠(リナクロチド)  鈴木秀和 

臨床例
靴擦れからStaphylococcal toxic shock syndromeを発症した成人男性の1例  田嶋淳哉,他 

ページの先頭へ戻る

ねらい

 末期腎不全に対する透析療法は腎臓病患者の生命を救う最終手段として50年前に確立しており,日本は透析患者の生命予後が最もよい国として知られる.しかしながら,腎疾患は他臓器と比較して根本的な治療薬が少ない臓器である.難病であるANCA関連腎炎,ループス腎炎,難治性ネフローゼ症候群,多発性囊胞腎などの比較的まれな疾患のみならず,IgA腎症,糖尿病性腎症,腎硬化症などのよく遭遇する疾患においても治療法は確立していない.腎臓病で悩む患者のみならず,腎臓専門医も,新しい治療法の開発を心から待ち望んでいるのが現状である.「腎疾患診療の未来」はどうなるのであろうか? 本特集は,腎疾患の診療・研究に関してわが国のトップランナーである先生方に今注目されている疾患についてわかりやすく解説いただいた.160万人以上のCKD患者を含む国際的コホートを研究するコンソーシアムに所属されている菱田 学先生に世界と比較したわが国の腎臓病の現況について報告いただいた.わが国で作成された急性腎障害のガイドライン2016に関して山下徹志先生に解説いただき,原因となる病態同定の重要性と体液量の適正化が必要であることを示していただいた.進行性腎障害として厚生労働省の難病指定を受けている急速進行性糸球体腎炎,IgA腎症,難治性ネフローゼ症候群の代表である膜性腎症の病因解明に関してそれぞれの分野でのリーダーである有村義宏先生,狩野俊樹先生,秋山真一先生に最新の情報を解説いただいた.CKD患者の骨病変は古くから透析患者で認められていたが,CKDステージG3においてすでに発症していることがある.CKD-MBD研究は新進気鋭の研究者である濱野高行先生にリンの重要性,FGF23との関連について説明いただいた.腎臓基礎研究は新しい治療を創造するうえで非常に重要である.しかしながら,それぞれの分野は専門性が高くレビューするのは容易ではない.Sirt1(久米真司先生),C3腎症(菅原有佳先生),オートファジー(高畠義嗣先生),ポドサイト(牧野慎市先生),尿毒症毒素(三島英換先生)に関する最新の情報をそれぞれの第一人者から提供いただいた.いずれも読みごたえのある力作である.腎疾患に対する萌芽的治療法であるリツキシマブ(坪井直毅先生),トルバプタン(望月俊雄先生),バルドキソロンメチル(内田梨沙先生)の現状と今後の展望について解説いただいた.すでに治療が確立した疾患においても新しい知見がある.原発性アルドステロン症の迅速診断(佐藤文俊先生),高尿酸血症治療薬の腎保護作用(大野岩男先生),糖尿病治療薬の腎保護作用(四方賢一先生)に新しい進歩があった.ループス腎炎の診療ガイドライン(廣村桂樹先生)ならびに腎疾患患者の妊娠に関するガイドライン(内田啓子先生)を執筆された専門家に概説いただいている.本特集は現在までの腎疾患の病因論と治療法の総括であり,腎疾患診療の未来の方向性を提示するものである.

中山寺いまいクリニック院長/
名古屋保健衛生大学腎内科客員教授/
愛知医科大学腎臓内科客員教授
今井圓裕

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2018年 Vol.106
No.9 特集/コモンディジーズとしての内分泌疾患と電解質異常最新号
No.8 特集/がん診療における心血管合併症:onco-cardi
No.7 特集/便秘と下痢の最前線―診断と治療のパラダ
No.6 特集/サルコペニアと高齢者疾患(仮)
No.5 特集/職場のメンタルヘルス
No.4 特集/腎疾患診療の未来 最新知見のエッセンシ
No.増刊号 特集/イラスト神経診察−OSCEから難病診断そし
No.3 特集/糖尿病診療アップデート 2018
No.2 特集/血管の炎症を俯瞰する
No.1 特集/先制医療 予防医療の最前線
2017年 Vol.105
No.12 特集/内科救急と画像診断・IVR〜検査から治療法
No.11 特集/肺がんアップデート〜基礎から最新トピック
No.10 特集/妊婦さんへの内科治療―リスクと安全を考え
No.9 特集/脂質管理を一歩深める
No.8 特集/不整脈診療 初期対応から先端治療まで
No.7 特集/一般臨床医に必要なてんかんの基礎知識と
No.6 特集/プライマリケアで知っておきたい漢方診療の
No.5 特集/急増中! 大人の食物アレルギー
No.4 特集/内科系医師のための災害医療エッセンシャル
No.増刊号 特集/これ一冊でわかる 消化器 診断基準と分類
No.3 特集/そのお腹、大丈夫? 肥満症のトピックス
No.2 特集/心電図 実践診療で役立つコツ
No.1 特集/実践! 神経救急(neurocritical care)
2016年 Vol.104
No.12 特集/知っておきたい関節リウマチの診断から治療
No.11 特集/痛み治療の「いま」に迫る メカニズムか
No.10 特集/よくわかる,臨床で使える「骨粗鬆症」アッ
No.9 特集/カテーテルを使った最新の治療
No.8 特集/浮腫−そのむくみ 放っておいて大丈夫?−
No.7 特集/頭痛診療が得意になる 基礎から最新トピッ
No.6 特集/いま知っておきたい、感染症診療最新の動向
No.5 特集/「抗血栓療法の今」を語る
No.4 特集/あの病態ってもしや…? ダイジェスト"IgG4関連
No.増刊号 特集/糖尿病治療の現在と未来
No.3 特集/高血圧 予後、臓器・血管保護を見据えた治
No.2 特集/腸内細菌叢からみた臨床の最前線―ベール
No.1 特集/めまい診療の最先端
2015年 Vol.103
No.12 特集/知っておくべき総合診療の現在(いま)
No.11 特集/成人の予防接種はどうあるべきか?
No.10 特集/睡眠障害診療の進歩
No.9 特集/内科が使う自己注射薬
No.8 特集/機能性消化管障害
No.7 特集/ここが知りたい認知症診療
No.6 特集/肺高血圧・肺血栓塞栓症 見逃すことなく最
No.5 特集/アレルギー疾患の診療のpitfalls 好酸球の臨床
No.4 特集/COPDの診断と最新の治療
No.増刊号 特集/心不全のすべて
No.3 特集/時代とともに広がる「糖尿病合併症」の概念
No.2 特集/ここまで変わった 実地診療の食道がん・胃
No.1 特集/知っておくべき脳卒中最新治療
2014年 Vol.102
No.増刊号 特集/内科救急のファーストタッチ