HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:産科と婦人科

産科と婦人科

精選された情報満載読者各位にとって欠かすことができない情報をタイムリーに提供. 「生殖おもしろ話」・「外界事情」・「青い血のカルテ」・「産婦人科診療 私のコツ」など連載も充実.

抜群の読みやすさオール2色刷り.一目でキーポイントがわかるレイアウト.

充実したラインナップ日常診療の場で即役立つ「増刊号」を年各1冊発行.日進月歩で激変する医学界のキーワードを読み解き,読者各位の壮大な負託に応えるべく「産科と婦人科」は微力を注ぎます.

2021年 Vol.88 No.8 2021-07-16

卵巣 Up to Date

定価:3,190円(本体価格2,900円+税)

冊 
次号予告

2021年 Vol.88 No.9 2021年08月発売予定
特集/骨盤臓器脱(POP)のすべて−診断と治療の最前線


今後の特集(予定)

Vol.88 No.10 特集/帝王切開−明日からできる工夫と留意点−

Vol.88 No.11 特集/変わる婦人科がん薬物治療−免疫チェックポイント阻害剤

Vol.88 No.12 特集/少子化時代における就労女性の不妊治療

ページの先頭へ戻る

掲載論文

企画 大須賀 穣

1.卵巣の形態学 / 林 正美・他
2.卵胞発育 / 河村和弘・他
3.卵子成熟,排卵に関する最近の知見 / 吉野 修・他
4.黄 体 / 田村博史・他
5.閉経期以降の卵巣機能 / 髙橋俊文・他
6.多囊胞性卵巣症候群 / 原田美由紀
7.早発卵巣不全 / 髙江正道・他
8.ターナー症候群と卵巣機能 / 澤井英明
9.生活習慣,環境と卵巣機能 / 五十嵐敏雄
10.卵巣老化とPGT—A / 岩佐 武・他
11.黄体ホルモン併用卵巣刺激法 / 竹重勇哉・他
12.AMH値による個別化卵巣刺激法 / 川井清考・他
13.卵巣過剰刺激症候群 / 黄 海鵬・他
14.Ovarian Stimulation for IVF/ICSI ESHREガイドライン / 江頭活子
15.COVID—19と生殖医療 / 太田邦明・他

連載
若手の最新研究紹介コーナー
Immune checkpoint inhibitors(anti PD—1/PD—L1 antibody)could be effective in dedifferentiated endometrial carcinoma / 福島瑠璃子

総説
2017年日産婦登録データから紐解く本邦のART / 福田淳一郎・他

症例
胎児腹腔外臍帯静脈瘤および非典型的な超音波像を呈した間葉性異形成胎盤の1例 / 小西久也・他

ページの先頭へ戻る

ねらい

 卵巣なくして産婦人科は語れないはずなのに,卵巣そのものに思いを巡らせることが少なくなっていると感じます.日常診療では,腫瘍がなければ大丈夫,ホルモンが足りなければホルモン補充すれば大丈夫,卵子がとれれば妊娠は大丈夫,などと卵巣そのものがないがしろにされていませんでしょうか? 本特集は生殖器官でありかつ内分泌器官である卵巣について最新の理解を深めていただくために企画しました.読者の皆様がご存知の通り,卵巣は出生時に約200万個の卵子を所有していますが,生後は新たに卵子がつくられることはなく,50年程度ですべて消費されてしまいます.人生の半分近くで卵巣機能がなくなるわけですが,それまでの卵巣ホルモンの全身への影響は残りの人生にもかかわってきます.なぜこのように不思議な臓器がつくられたかは神のみしか知るよしもないと思いますが,不思議を解き明かすのは人間の作業です.卵巣のダイナミズムに魅せられて古来より多くの研究者が卵巣の謎に挑戦してきましたが,現在もなお挑戦は続いています.近年も新たな知見が蓄積され,卵巣に関連する疾患に対する新たな展開もみられています.
 本特集では卵巣の生理と腫瘍性病変以外の病理について第一線でご活躍中の専門家の先生方に最新の知見をまとめていただきました.最初に卵巣の生理について卵胞周期にしたがってご解説いただきました.次いで,各種病態について基礎的・臨床的側面よりご解説いただいております.最後に,体外受精における調節卵巣刺激の最前線をご解説いただくとともに,COVID—19が生殖補助医療に与えた影響を追加してあります.調節卵巣刺激の進化は卵巣に対する理解の進化の反映でもありますので,生殖補助医療に携わっていない読者にも有益な情報を与えるものと考えております.本特集を通して卵巣を新たな視点から見つめ直していただき明日からの診療にお役立ていただければ,編者として幸甚でございます.

(東京大学大学院医学系研究科産婦人科学講座 大須賀 穣)

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2021年 Vol.88
No.8 特集/卵巣 Up to Date最新号
No.7 特集/婦人科がん機能温存治療のすべて
No.6 特集/OC・LEPガイドライン2020年度版を読み解く
No.5 特集/胎児モニタリング with Corona
No.増刊号 特集/画像!−エキスパート直伝 産婦人科画像診断−
No.4 特集/産婦人科医も知っておきたい歯科の知識
No.3 特集/QOLを考える
No.2 特集/これでわかる 婦人科稀少腫瘍
No.1 特集/最新産婦人科遺伝診療ABC
2020年 Vol.87
No.12 特集/女性のうつに強くなる
No.11 特集/着床を考える
No.10 特集/分子標的薬を極める−基礎から臨床まで−
No.9 特集/もう胎児付属物とはいわせない!−胎盤,臍帯,羊水−
No.8 特集/プレコンセプションケアってなに?
No.7 特集/異所性妊娠の最新診療
No.6 特集/婦人科がん臨床研究のトレンドを知る
No.5 特集/妊娠糖尿病の理解を深めよう
No.増刊号 特集/やさしくわかる 産科婦人科検査マスターブック
No.4 特集/産婦人科医も知っておきたい旅行医学関連の諸問題
No.3 特集/婦人科ロボット支援手術コンパクトマニュアル
No.2 特集/一から学びなおす 婦人科がん化学療法有害事象の管理
No.1 特集/早産!
2019年 Vol.86
No.12 特集/オフィスギネコロジーにおける脂質管理
No.11 特集/新時代の子宮鏡診療
No.10 特集/どうする 再発婦人科がん
No.9 特集/エキスパートに聞く 産婦人科超音波ABC
No.8 特集/漢方の今,これから
No.7 特集/広がる子宮内膜症の世界
No.6 特集/腹式広汎子宮全摘術のすべて
No.5 特集/無痛分娩・産科麻酔Update
No.増刊号 特集/新時代のホルモン療法マニュアル
No.4 特集/新時代に入ったがん・生殖医療
No.3 特集/どうする?妊娠合併婦人科腫瘍の管理
No.2 特集/妊娠高血圧症候群_PIHからHDFへ
No.1 特集/産婦人科医が押さえておくべき法・指針・医療体制
2018年 Vol.85
No.12 特集/思春期にまつわる最近の話題
No.11 特集/月経を診る―患者満足の外来診療のために
No.10 特集/よくわかる腫瘍随伴症候群
No.9 特集/ここまで進んだ胎児治療
No.8 特集/感染症に強くなる
No.7 特集/産婦人科関連ホルモンの基礎を学びなおす
No.6 特集/婦人科医が注意すべき悪性腫瘍関連疾患
No.5 特集/エキスパートに聞く合併症妊娠のすべて
No.増刊号 特集/産婦人科関連 専門医・認定医ガイド
No.4 特集/女性アスリートのヘルスケア
No.3 特集/生殖医療−知っておきたい最新トピックス
No.2 特集/臨床スキルアップのために−画像診断・病理診断・麻酔
No.1 特集/胎児心臓をみる−診断から治療へ