HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:産科と婦人科

産科と婦人科

精選された情報満載読者各位にとって欠かすことができない情報をタイムリーに提供. 「生殖おもしろ話」・「外界事情」・「青い血のカルテ」・「産婦人科診療 私のコツ」など連載も充実.

抜群の読みやすさオール2色刷り.一目でキーポイントがわかるレイアウト.

充実したラインナップ日常診療の場で即役立つ「増刊号」を年各1冊発行.日進月歩で激変する医学界のキーワードを読み解き,読者各位の壮大な負託に応えるべく「産科と婦人科」は微力を注ぎます.

2022年 Vol.89 No.1 2021-12-17

外陰疾患 AtoZ

定価:3,190円(本体価格2,900円+税)

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

企画 寺内公一

Ⅰ.腫 瘍
 1 .外陰の腫瘍性病変―1)VINを含む外陰部扁平上皮癌 / 有吉和也
 2 .外陰の腫瘍性病変―2)外陰パジェット病・悪性黒色腫その他 / 水口剛雄

Ⅱ.感染症
 3 .外陰腟カンジダ症 / 吉村和晃
 4 .梅毒 / 村松正法・他
 5 .性器ヘルペス / 野口靖之・他
 6 .尖圭コンジローマ / 川名 敬
 7 .疥癬とケジラミ / 和田康夫・他

Ⅲ.非腫瘍性・非感染性疾患
 8 .扁平苔癬 / 塩原哲夫
 9 .硬化性萎縮性苔癬 / 青山裕美
10.外陰接触皮膚炎 / 宍戸菜穂美
11.急性外陰潰瘍・ベーチェット病の外陰病変 / 中村晃一郎
12.外陰腟萎縮 / 寺内公一
13.非感染性外陰部掻痒症 / 野田恒夫
14.外陰痛―心身医学的な疾患として― / 小川真里子・他

連 載
医療裁判の現場から 第30回
経口避妊薬内服中で高血圧を有する患者が肺塞栓により死亡した事案において,処方した医師の過失が認められた事例 / 秦 奈峰子

原 著
子宮体癌に対するロボット支援下傍大動脈リンパ節郭清術の有用性:開腹手術および腹腔鏡下手術との比較 / 馬淵誠士・他
当院におけるプラチナ感受性再発腫瘍に対するオラパリブ投与症例の検討 / 都築陽欧子・他

ページの先頭へ戻る

ねらい

 「目に見えるもの」は「目に見えないもの」に比べて,ややもすると軽く扱われることが多い.「見ゆるものは暫時にして,見えぬものは永遠に至るなり」と聖書にも記されている通りである(「コリント人への後の書」第4章18節).産婦人科医にとって外陰はある意味で最も「目に見えるもの」のはずであるが,われわれの関心の多くはそこを通り過ぎ,そのままでは目に見えない存在である子宮や卵巣へと吸い寄せられてしまう.しかしわれわれは,今一度外陰について考えるべきかもしれない.そこには実に多彩な疾患が集い,ときにわれわれを悩ませる.本特集号では腫瘍・感染症・その他の分野を横断するように,産婦人科・皮膚科のエキスパートの先生方に,単位疾患あたりの解説をお願いした.
 外陰の悪性腫瘍は子宮や卵巣に比べてまれかもしれないが,非腫瘍性疾患との鑑別がときに難しい.目に見えるはずのものを「見逃した」とされることを避けるためにも,その診断にはある程度習熟している必要がある.本特集号では外陰腫瘍の代表的な存在である「VINを含む外陰部扁平上皮癌」と,比較的まれな「外陰パジェット病・悪性黒色腫など」についての概説をお願いした.
 外陰はまた,最前線の防壁として機能するために,感染症の宝庫でもある.日常的に最も接する機会の多い「外陰腟カンジダ症」から,近年増加の著しい「梅毒」,診断・治療が日進月歩の「性器ヘルペス」,ワクチンが開発されるに至った「尖圭コンジローマ」,さらに「外陰ケジラミ症」と「疥癬」まで,改めて知識を整理できるよう概説をお願いした.
 最後に,診断に最も苦慮する非腫瘍性・非感染性疾患を列挙した.「扁平苔癬」「硬化性萎縮性苔癬」「外陰接触皮膚炎」のように,病態を理解することが重要である疾患群から,性器ヘルペスの鑑別として必ず名前が挙がる「ベーチェット病」「急性外陰潰瘍」,そして加齢現象と疾患との境界にある「外陰腟萎縮」,最後に病態に不明な点が多い「非感染性外陰部掻痒症」「外陰痛」などについて,概説をお願いした.
 「見れども見ず」ということのないように,若い先生方が本特集号で最新の知識を身につけ,外陰疾患を得意としていただければ幸いである.

(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科茨城県地域産科婦人科学講座 寺内公一)

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は論文単位でPDFファイルのダウンロード購入
が可能です.詳細はメディカルオンラインへ            

2022年 Vol.89
No.2 特集/早産と妊娠高血圧腎症:病因・病態生理−私はこうみる最新号
No.1 特集/外陰疾患 AtoZ
2021年 Vol.88
No.12 特集/少子化時代における就労女性の不妊治療
No.11 特集/変わる婦人科がん薬物治療
No.10 特集/帝王切開−明日からできる工夫と留意点−
No.9 特集/骨盤臓器脱(POP)のすべて−診断と治療の最前線
No.8 特集/卵巣 Up to Date
No.7 特集/婦人科がん機能温存治療のすべて
No.6 特集/OC・LEPガイドライン2020年度版を読み解く
No.5 特集/胎児モニタリング with Corona
No.増刊号 特集/画像!−エキスパート直伝 産婦人科画像診断−
No.4 特集/産婦人科医も知っておきたい歯科の知識
No.3 特集/QOLを考える
No.2 特集/これでわかる 婦人科稀少腫瘍
No.1 特集/最新産婦人科遺伝診療ABC
2020年 Vol.87
No.12 特集/女性のうつに強くなる
No.11 特集/着床を考える
No.10 特集/分子標的薬を極める−基礎から臨床まで−
No.9 特集/もう胎児付属物とはいわせない!−胎盤,臍帯,羊水−
No.8 特集/プレコンセプションケアってなに?
No.7 特集/異所性妊娠の最新診療
No.6 特集/婦人科がん臨床研究のトレンドを知る
No.5 特集/妊娠糖尿病の理解を深めよう
No.増刊号 特集/やさしくわかる 産科婦人科検査マスターブック
No.4 特集/産婦人科医も知っておきたい旅行医学関連の諸問題
No.3 特集/婦人科ロボット支援手術コンパクトマニュアル
No.2 特集/一から学びなおす 婦人科がん化学療法有害事象の管理
No.1 特集/早産!
2019年 Vol.86
No.12 特集/オフィスギネコロジーにおける脂質管理
No.11 特集/新時代の子宮鏡診療
No.10 特集/どうする 再発婦人科がん
No.9 特集/エキスパートに聞く 産婦人科超音波ABC
No.8 特集/漢方の今,これから
No.7 特集/広がる子宮内膜症の世界
No.6 特集/腹式広汎子宮全摘術のすべて
No.5 特集/無痛分娩・産科麻酔Update
No.増刊号 特集/新時代のホルモン療法マニュアル
No.4 特集/新時代に入ったがん・生殖医療
No.3 特集/どうする?妊娠合併婦人科腫瘍の管理
No.2 特集/妊娠高血圧症候群_PIHからHDFへ
No.1 特集/産婦人科医が押さえておくべき法・指針・医療体制
2018年 Vol.85
No.12 特集/思春期にまつわる最近の話題
No.11 特集/月経を診る―患者満足の外来診療のために
No.10 特集/よくわかる腫瘍随伴症候群
No.9 特集/ここまで進んだ胎児治療
No.8 特集/感染症に強くなる
No.7 特集/産婦人科関連ホルモンの基礎を学びなおす
No.6 特集/婦人科医が注意すべき悪性腫瘍関連疾患
No.5 特集/エキスパートに聞く合併症妊娠のすべて
No.増刊号 特集/産婦人科関連 専門医・認定医ガイド
No.4 特集/女性アスリートのヘルスケア
No.3 特集/生殖医療−知っておきたい最新トピックス
No.2 特集/臨床スキルアップのために−画像診断・病理診断・麻酔
No.1 特集/胎児心臓をみる−診断から治療へ