HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:小児科診療

小児科診療

最新の情報からベーシックな知識までわかりやすくお届けします!

読者の要望にお応えすべくup-to-dateな特集を提供.内容の充実とわかりやすい解説に腐心しました.

一目で要点をとらえ,本文へ読みすすみやすいレイアウト.

「増刊号」・「特大号」を年各1冊発行.読者の厚い信頼に応える内容で日常診療に不可欠な情報満載.

連載「Photo Quiz」ではビジュアルに画像診断のポイントを解説.

2019年 Vol.82 No.2 2019-01-11

症例からみた小児集中治療

定価:本体2,800円+税

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

序 文  /松井彦郎

Ⅰ.総 論
小児集中治療室にかかる日本の現状と課題  /志馬伸朗
小児集中治療と成人集中治療  /小谷匡史・他

Ⅱ.全身性病態
心停止後症候群  /神野眞輔・他
敗血症・播種性血管内凝固  /永渕弘之
急性呼吸促迫症候群  /川村 篤・他

Ⅲ.各臓器別病態
急性壊死性脳症・出血性ショック脳症症候群  /西村奈穂
二相性脳症  /制野勇介・他
溶血性尿毒症症候群・血栓性血小板減少性紫斑病  /林 拓也
重症気管支喘息発作・急性喉頭蓋炎  /伊藤友弥
気道病変  /北村真友
先天性心疾患におけるハイフローショック  /黒嵜健一
劇症型心筋炎  /齋藤千徳・他
劇症肝炎・重症急性膵炎  /志村紀彰・他

Ⅳ.術後管理
脳神経外科術後管理の注意点  /林 健一郎
小児外科手術後  /小泉 沢
心臓手術(姑息手術)の術後管理  /元野憲作・他
心臓手術後(心内修復術)  /多賀直行

Ⅴ.事 故
気道異物・溺水  /植松悟子
高エネルギー外傷  /賀来典之
院内急変とRRS  /冨田健太朗・他

症例報告
黄色ブドウ球菌による左坐骨結節部滑膜炎,右母趾中足趾節関節関節炎を発症した14歳男子  /藤田雄治・他
豆乳によるアナフィラキシーを生じた花粉―食物アレルギー症候群の症例:多種アレルゲンコンポーネントに対する特異的IgE抗体測定の有用性  /湯田貴江・他

ページの先頭へ戻る

ねらい

松井彦郎  /東京大学医学部小児科 集中治療室(PICU)責任者

  小児重症患者は成人重症患者に比して患者数が少なく,重傷者の割合も低いことから患者絶対数がきわめて少ないことが知られています.これに対しては,小児重症患者は専門治療施設に集約化することで,医療資源の効率化・経験の向上・マンパワーの有効利用が要因と考えられており,結果として患者予後が改善するといわれています.一方で,わが国では小児重症患者の集約化は,依然として都市部でも地方部でも整備されておらず,小児集中治療が専門でない多くの施設で診療をせざるを得ない状況にあります.
  その一方で,重症患者の頻度が少ないことから,わが国では小児集中治療に関する教育体制・学術研究に関する環境は不十分な状況が続いてきました.1990年代から少しずつ小児病院を中心とした医療機関による臨床医学が発展してきましたが,体系だった医学教育や基礎研究の実践にはいまだに至っていません.古くから少ないながらも社会的ニーズがあったにもかかわらず,小児集中治療の医学的発展はまだまだこれからだと思われます.
  小児重症疾患の診療は常に発展途上であり,診断や治療も常に新たな試みや改善が行われています.成人と共通の病態生理を応用する場合もありますが,小児独自の疾患もあり,小児専門施設では様々な疾患に対して常に最新の診療が必要とされています.症例の診断・初期対応や現在の治療,そしてこれから解決しないといけない様々な課題は,いざという時に必要とされる知識であり,それらを共有することは小児診療の発展・普及のために大きな意味があると感じられます.
  今回はわが国の専門施設で多くの小児重症患者を診療している先生方に,小児重症疾患で常に注目される疾患の症例を具体的にあげていただくことで,多くの小児重症患者を診療している医療者の方に,少しでも実際の診療の参考にしていただければと考え,「症例からみた小児集中治療」の特集としました.また,小児集中治療に興味のある若い医療者の方にも,具体的なイメージをもってもらうことで,次のステップの参考になればと考えています.

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2019年 Vol.82
No.9 特集/小児の食中毒最新号
No.8 特集/子どものあたま、かお、くびの病気〜コンサルのタイミング
No.7 特集/小児循環器領域の生涯包括遺伝医療
No.6 特集/小児感染症のいまを読み解く
No.5 特集/研修医の「そこが知りたい!」小児アレルギーの疑問
No.増刊号 特集/小児の診療手技
No.4 特集/小児科医に知ってほしいミトコンドリア病UPDATE
No.3 特集/小児のインバウンド医療:国境を越えて移動する子ども
No.2 特集/症例からみた小児集中治療
No.1 特集/小児呼吸器疾患のファーストタッチから専門診療へ
2018年 Vol.81
No.12 特集/難しくない 小児腎領域の難病診療
No.11 特集/今さら聞けない? 小児救急の総復習
No.10 特集/生活習慣病と子ども−DOHaDと健康のカギ
No.9 特集/小児感染症の専門医を目指そう!
No.8 特集/小児の中枢神経画像update
No.7 特集/おさえたい診療ガイドラインのツボ
No.6 特集/日常診療にひそむ小児リウマチ性疾患
No.5 特集/研修医必携!これだけは知ってほしい薬の使い方
No.増刊号 特集/小児の治療指針
No.4 特集/注目すべき国際感染症
No.3 特集/退院から生後1か月までの保護者の不安に答える
No.2 特集/実践!小児漢方 はじめの一手,次の一手
No.1 特集/ここまできた小児神経・筋疾患の診断・治療
2017年 Vol.80
No.12 特集/アレルギー疾患FAQ
No.11 特集/小児科エコー活用術
No.10 特集/日常生活にひそむ小児血液,腫瘍性疾患
No.9 特集/症例から学ぶ感染症診療のコツ
No.8 特集/新しいガイドラインに基づいた最新の夜尿症診療
No.7 特集/新・発達障害支援〜小児科医へのメッセージ
No.6 特集/そうだったのか!今すぐ役立つ小児内分泌のコツ
No.5 特集/研修医が知っておくべき境界領域疾患
No.増刊号 特集/小児科ケースカンファレンス
No.4 特集/今ここでステロイドを再考する
No.3 特集/乳幼児期発症神経疾患のファーストタッチから専門診療
No.2 特集/抗菌薬療法UP-TO-DATE
No.1 特集/小児循環器のファーストタッチから専門診療へ
2016年 Vol.79
No.12 特集/先天異常症候群の新しい展開
No.11 特集/学校保健パーフェクトガイド−新しい小児科専門医
No.10 特集/日本発アレルギー研究最新情報
No.9 特集/ベテラン小児科医が伝授する入院管理・診療のコツ
No.8 特集/小児救急で求められる単純X線写真
No.7 特集/小児循環器治療の最前線−クスリとデバイス
No.6 特集/先天代謝異常症−エキスパートによる最新情報−
No.増刊号 特集/小児の症候群
No.5 特集/研修医のための乳幼児健診のすすめ
No.4 特集/これからどうなる!? 日本の予防接種
No.3 特集/症例から学ぶ小児心身症
No.2 特集/小児在宅医療のエッセンス−必要な知識・技術から
No.1 特集/子どもの外傷〜小児科医でもできること
2015年 Vol.78
No.11 特集/見てわかる小児の皮膚疾患
No.増刊号 特集/疾患からみる画像診断の進め方・読み方
2013年 Vol.76
No.増刊号 特集/理解して出そう小児の検査-オーダー・手技・解釈
2012年 Vol.75
No.増刊号 特集/小児の診療手技100
2011年 Vol.74
No.増刊号 特集/子どもの臨床検査