HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:小児科診療

小児科診療

最新の情報からベーシックな知識までわかりやすくお届けします!

読者の要望にお応えすべくup-to-dateな特集を提供.内容の充実とわかりやすい解説に腐心しました.

一目で要点をとらえ,本文へ読みすすみやすいレイアウト.

「増刊号」・「特大号」を年各1冊発行.読者の厚い信頼に応える内容で日常診療に不可欠な情報満載.

連載「Photo Quiz」ではビジュアルに画像診断のポイントを解説.

2021年 Vol.84 No.8 2021-07-13

発生学から考えてみよう!小児の先天疾患

定価:3,080円(本体価格2,800円+税)

冊 
次号予告

2021年 Vol.84 No.9 2021年08月発売予定
特集/おさえたい川崎病ガイドラインのツボ


今後の特集(予定)

Vol.84 No.10 特集/頭痛診療の基本から最新の知見まで

Vol.84 No.11 特集/小児遺伝子疾患事典

Vol.84 No.12 特集/治療可能な先天代謝異常症を診断しよう!

ページの先頭へ戻る

掲載論文

序 文  /山岸敬幸

Ⅰ.総 論
人体発生概論  /山田重人 
先天異常総論  /湊川真理・他 

Ⅱ.各 論
頭蓋縫合早期癒合症,口唇口蓋裂  /坂本好昭 
水頭症,髄膜瘤,二分脊椎  /三輪 点 
虹彩欠損  /野田英一郎 
耳介,外耳の異常  /大河内真之・他 
脊柱側彎症  /船尾陽生・他 
食道閉鎖,肺嚢胞性疾患:CPAM  /渕本康史 
先天性心疾患  /八代健太 
血管輪,肺動脈スリング  /福島直哉・他 
横隔膜ヘルニア,臍帯ヘルニア  /岡﨑任晴・他 
十二指腸狭窄(輪状膵)  /牧 ゆかり・他 
膵胆管合流異常症  /山田洋平 
先天性腎尿路異常,嚢胞性腎疾患  /西 健太朗・他 
水腎症,総排泄腔外反  /浅沼 宏・他 
性分化疾患  /天野直子 
鼠径ヘルニア,陰嚢水腫,精索水腫  /藤村 匠・他
鎖肛,Hirschsprung病  /下島直樹・他 

ページの先頭へ戻る

ねらい

山岸敬幸  /慶應義塾大学医学部小児科

 「発生学」とは,受精卵が胚を形成し,胚が組織や臓器を形成する「からだの形づくり」を科学し,構造と機能が獲得される過程を識るための基礎的な学問です.学生の頃に複雑な形態形成を覚えるのに苦労して,その後まったく勉強していない方もいらっしゃるかもしれません.一方,単細胞の受精卵から様々な細胞の分裂,増殖,移動,分化や相互作用によってからだの組織や臓器が形づくられていく過程に生命誕生の神秘を感じ,トリコになった方もいらっしゃるでしょう.
 「発生学」の分野では毎年多くの研究成果が生まれ,教科書に新たな記述が加えられています.ヒトの細胞や組織・臓器の実体はあまりに複雑すぎて,人類の理解はいまだ自然が生み出した芸術ともいえる「からだの形づくり」の神秘をすべて解き明かすことには追いついていません.しかし,研究の進歩により,ヒトの発生そのものを扱う生殖医療や,発生学を応用して発展する再生医療の領域など,社会的に議論の的となることも多くなっています.私たち医療者にとって実臨床はもちろん,社会医学・倫理にもつながる重要な学問です.
 特に小児科では,多くの先天異常の患者さんを診療します.その中でも,様々な臓器に起こる先天疾患は,ヒトの発生過程における特定の領域の異常,まさに「からだの形づくり」の異常により起こるものです.したがって,発生学の知識を導入することによって,このような先天疾患の診断,治療に深みが増します.疾患の成り立ちを科学的・理論的に考えることにより,診療の質は確実に上がり,新たな診断・治療のアイディアにつながる可能性も秘めています.
 そこで今回,特集として,「発生学から考えてみよう! 小児の先天疾患」を企画しました.総論には発生学の知識の復習およびアップデートとして,まず正常な個体発生について,あのベストセラー教科書「ラングマン人体発生学」の翻訳も手掛けていらっしゃる基礎医学の山田重人先生に,たくさんの図を用いてわかりやすく,かつ簡潔にオーバービューしていただきました.また異常な個体発生,すなわち先天異常の発症機序の基本概念について,小児科医で遺伝医である古庄知己先生に解説していただきました.各論の項目は,小児科で比較的よく見かける先天疾患について,最前線で診療されていらっしゃる小児科および外科系のエキスパートの先生方にご執筆いただきました.各章,前半は疾患の概念と発生学的な解説,後半は診断・治療の概要を疾患の成り立ちから結びつけていく構成になっています.その結果,正常な臓器の発生を理解し,その異常によってどのように先天疾患が発症するかを考えて診療する,基礎と臨床を小児領域横断的につないだユニークな1 冊が完成しました.このチャレンジングな企画を実現していただいた「診断と治療社」編集部の皆様,ご執筆の先生方に心より感謝します.
 では,疾患の本質に迫る「からだの形づくり」から考える診断と治療を,ぜひご堪能ください.

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルの
ダウンロード購入が可能です.詳細はメディカルオンラインへ

2021年 Vol.84
No.8 特集/発生学から考えてみよう!小児の先天疾患最新号
No.7 特集/小児栄養 UP to DATE
No.6 特集/統計的分析手法と研究デザイン
No.5 特集/乳幼児健診実践ガイド
No.増刊号 特集/〜エキスパートの経験に学ぶ〜小児科 Decision Making
No.4 特集/小児科医の疑問に答える!子どもと新型コロナウイルス
No.3 特集/災害時の小児医療〜災害の経験を今後に活かす〜
No.2 特集/新ガイドラインの理解を深める 新生児マススクリーニング
No.1 特集/学童期の神経疾患のファーストタッチから専門診療へ
2020年 Vol.83
No.12 特集/医療安全とともに学ぶ「小児の鎮静」
No.11 特集/予防接種パーフェクトガイド
No.10 特集/小児の学際的な睡眠医療 基礎から臨床をつなぐ
No.9 特集/NICU卒業生の予後と診療のポイント
No.8 特集/小児科医の将来を考える
No.7 特集/研修医と指導医に贈る 小児科学研究・論文のススメ
No.6 特集/たかが便秘,されど便秘−小児の便秘を科学する
No.5 特集/研修医必携!心電図判読のコツ
No.増刊号 特集/症候・疾患からみる小児の検査
No.4 特集/小児血液・腫瘍疾患の最前線
No.3 特集/変わりつつある免疫不全症
No.2 特集/知っていますか?小児科領域のスポーツ障害
No.1 特集/神経筋疾患,新たな治療の時代へ
2019年 Vol.82
No.12 特集/子どもの性を多角的に理解しよう
No.11 特集/知っておくべき・知っておきたい小児の皮膚疾患/症状
No.10 特集/子どものこころ診療エッセンス
No.9 特集/小児の食中毒
No.8 特集/子どものあたま、かお、くびの病気〜コンサルのタイミング
No.7 特集/小児循環器領域の生涯包括遺伝医療
No.6 特集/小児感染症のいまを読み解く
No.5 特集/研修医の「そこが知りたい!」小児アレルギーの疑問
No.増刊号 特集/小児の診療手技
No.4 特集/小児科医に知ってほしいミトコンドリア病UPDATE
No.3 特集/小児のインバウンド医療:国境を越えて移動する子ども
No.2 特集/症例からみた小児集中治療
No.1 特集/小児呼吸器疾患のファーストタッチから専門診療へ
2018年 Vol.81
No.12 特集/難しくない 小児腎領域の難病診療
No.11 特集/今さら聞けない? 小児救急の総復習
No.10 特集/生活習慣病と子ども−DOHaDと健康のカギ
No.9 特集/小児感染症の専門医を目指そう!
No.8 特集/小児の中枢神経画像update
No.7 特集/おさえたい診療ガイドラインのツボ
No.6 特集/日常診療にひそむ小児リウマチ性疾患
No.5 特集/研修医必携!これだけは知ってほしい薬の使い方
No.増刊号 特集/小児の治療指針
No.4 特集/注目すべき国際感染症
No.3 特集/退院から生後1か月までの保護者の不安に答える
No.2 特集/実践!小児漢方 はじめの一手,次の一手
No.1 特集/ここまできた小児神経・筋疾患の診断・治療
2017年 Vol.80
No.11 特集/小児科エコー活用術
No.増刊号 特集/小児科ケースカンファレンス
2016年 Vol.79
No.増刊号 特集/小児の症候群