HOME > 書籍詳細

書籍詳細

甲状腺の病気パーフェクトアンサー115診断と治療社 | 書籍詳細:甲状腺の病気パーフェクトアンサー115
疑問と悩みを徹底解決

すみれ甲状腺グループ代表

浜田 昇 (はまだ のぼる) 編集

すみれ甲状腺グループ副代表

岡本 泰之(おかもと やすゆき) 編集

改訂第2版 B5判 並製 216頁 2013年12月26日発行

ISBN9784787820495

定価:本体2,300円+税
  

ご覧になるためにはAdobe Flash Player® が必要です  


『甲状腺疾患診療パーフェクトガイド』の著者編集による,甲状腺疾患をもつ人のための1冊.115のQ&Aで,症状や検査,診断,薬,手術,アイソトープ,妊娠・出産,眼などへの不安や悩み・疑問に徹底回答.医師向けガイドブックと同レベルの内容をわかりやすく表現しているので、医師の患者解説にも役立ちます.

関連書籍

ページの先頭へ戻る

目次

第1章  甲状腺の病気を理解するための基礎知識
1-1 甲状腺の位置と働き
1-2 甲状腺を調べる検査とその読み方
 1 甲状腺機能を調べる血液検査
 2 免疫異常を調べる血液検査
 3 腫瘍について調べる血液検査
 4 一般的な血液検査
 5 画像検査
 6 細胞検査
1-3甲状腺の病気の治療に使われる薬

第2章 おもな甲状腺の病気
 1 血液中の甲状腺ホルモンが高くなる病気
 2 血液中の甲状腺ホルモンが低下する病気
 3 血液中の甲状腺ホルモンには異常はないが甲状腺が腫れてくる病気

第3章 症状から見つける甲状腺の病気
 1 甲状腺のしこりや腫れに関連した症状
 2 甲状腺ホルモン過剰に関連した症状
 3 甲状腺ホルモン不足,橋本病に関連した症状
 4 バセドウ病で起こる眼の異常に関連した症状

第4章 バセドウ病の疑問,悩みに答えます
4-1 バセドウ病の原因と診断
 Q1 バセドウ病の原因は何ですか?
 Q2 バセドウ病ではどのような症状が現れますか?
 Q3 甲状腺ホルモンが高くてバセドウ病と診断されました.間違いないでしょうか?
 Q4 小学生の子どもなのですが,甲状腺ホルモンが高くてバセドウ病と診断されました.間違いないでしょうか?
 Q5 甲状腺ホルモンが高くて薬を処方されました.問題はありませんか?
 Q7 眼が出ているため,バセドウ病を心配して甲状腺ホルモン検査を受けましたが正常であり,バセドウ病ではないと
   言われました.間違いないでしょうか?
 Q8 どんなときにバセドウ病は悪くなるのですか?
4-2 バセドウ病の治療について
 Q9 バセドウ病と診断されました.どのような治療方法があるのでしょうか?
 Q10 バセドウ病と診断されました.どの治療法を選びますかと医師から聞かれましたが,どのように判断すれば
   よいのでしょうか?
 Q11 バセドウ病は生命にかかわる病気でしょうか?
 Q12 バセドウ病は治りますか?
4-3 抗甲状腺薬治療
 Q13 抗甲状腺薬治療でバセドウ病は治りますか?
 Q14 抗甲状腺薬治療で治りやすい人と治りにくい人を治療する前から区別できますか?
 Q15 メルカゾールR,プロパジールR,チウラジールRのなかでどの薬がよいのでしょうか?
 Q16 抗甲状腺薬を飲み始めたのですが,日常生活ではどのような点に注意すればよいでしょうか?
 Q17 抗甲状腺薬を飲み始めたのですが,これまで内服していたほかの病気の薬を一緒に使用しても
   問題ないでしょうか?
 Q18 抗甲状腺薬を飲み始めたのですが,副作用のことが心配です.大丈夫でしょうか?
 Q19 抗甲状腺薬の服用を開始してから,体重が増えてきました.副作用でしょうか?
 Q20 抗甲状腺薬の服用を開始してから,髪の毛がよく抜けるようになりました.副作用でしょうか?
 Q21 抗甲状腺薬の服用を開始してから,体のあちこちでこむら返りが起こります.副作用でしょうか?
 Q22 抗甲状腺薬による薬疹(かゆみのある赤い発疹など)が出てしまいました.どうすればよいでしょうか?
 Q23 抗甲状腺薬による肝機能障害が出てしまいました.どうすればよいでしょうか?
 Q24 バセドウ病で抗甲状腺薬を内服しています.血尿が見つかりましたが,何か関係があるのでしょうか?
 Q25 抗甲状腺薬の服用を開始してから,血液検査でALPだけが高くなってきました.副作用でしょうか?
 Q26 抗甲状腺薬が無顆粒球症や重症の肝障害などの重大な副作用で使えなくなりました.
   どうすればよいでしょうか?
 Q27 抗甲状腺薬で甲状腺機能は正常になりました.内服はいつまで続けるのでしょうか?内服を終了する
   場合は何を目安にするのでしょうか?
 Q28 甲状腺機能が正常で落ち着いたので抗甲状腺薬が中止になりました.まだ通院は必要ですか?
 Q29 バセドウ病で数年間,抗甲状腺薬の内服を続けていましたが,薬を減らしても甲状腺ホルモンが低いので薬を
   中止しました.そのあとも甲状腺ホルモンは低いままです.バセドウ病から甲状腺機能低下症に変わることが
   あるのでしょうか?
 Q30 抗甲状腺薬は指示されたとおりに内服しているのですが,甲状腺機能が安定しません.
   どうすればよいでしょうか?
 Q31 FT4は正常かむしろ少し低くなっているのですが,FT3が高いままです.どうすればよいでしょうか?
 Q32 抗甲状腺薬と一緒に甲状腺ホルモン剤が処方されました.おかしくはないですか?
 Q33 抗甲状腺薬治療を始めて2年になります.薬の量も多く,まだまだ内服をやめられそうにありません.どうすれば
   よいでしょうか?
4-4 アイソトープ治療
 Q34 アイソトープ治療とはどんな治療ですか?
 Q35 アイソトープ治療は実際にはどのように行うのでしょうか?
 Q36 アイソトープ治療でバセドウ病は治りますか?
 Q37 放射性ヨードの投与量はどのように決めるのですか?
 Q38 バセドウ病のアイソトープ治療は外来治療でできますか?
 Q39 バセドウ病のアイソトープ治療に副作用はありませんか?発がんの危険性はありませんか?
 Q40 アイソトープ治療を受けると妊娠できなくなったり,妊娠したときに子どもに異常がでませんか?
 Q41 アイソトープ治療を受けたあと,周りの人に影響はありませんか?
 Q42 アイソトープ治療を受けてはいけない場合がありますか?
4-5 バセドウ病の手術
 Q43 手術を受けるとバセドウ病は治りますか? 薬を内服しなくてもよくなりますか?
 Q44 バセドウ病の手術で併発症が起こったり,後遺症が残ることはないでしょうか?
 Q45 バセドウ病の手術の傷跡は目立ちませんか?
 Q46 バセドウ病の手術では入院期間はどれくらいでしょうか? どのくらいの費用がかかるのでしょうか?
4-6 バセドウ病と妊娠,出産,遺伝
 Q47 バセドウ病と診断されました.妊娠を望んでいますが,あきらめなければなりませんか?
 Q48 バセドウ病と診断されました.妊娠を望んでいますが,抗甲状腺薬治療,アイソトープ治療,手術のうちどの
   治療法がよいのでしょうか?
 Q49 バセドウ病と診断され,抗甲状腺薬治療を受けることになりました.妊娠を望んでいますが,妊娠したときに
   胎児の発育が悪くなったり,奇形の心配はありませんか?
 Q50 抗甲状腺薬を内服中です.副作用もなく,甲状腺機能は良い状態で安定しています.そろそろ妊娠を考えて
   いますが大丈夫でしょうか?
 Q51 妊娠を望んでいますが,プロパジールR,チウラジールRが副作用で内服できず,現在メルカゾールRを内服
   しています.どうすればよいでしょうか?
 Q52 抗甲状腺薬を内服中に予定外に妊娠してしまいました.どうすればよいでしょうか?
 Q53 バセドウ病で抗甲状腺薬治療を受けていましたが,1年以上薬のいらない状態で落ち着いています.現在,
   妊娠を希望していますが,何か注意は必要でしょうか?
 Q54 バセドウ病は流産や早産の原因になりますか? 妊娠中や分娩時に妊婦が危険にさらされることは
   ありませんか?
 Q55 子どもがバセドウ病になって生まれてくるのではありませんか?
 Q56 抗甲状腺薬を内服しながら出産しました.母乳で育ててよいでしょうか?
 Q57 生まれた子どもが大きくなってからバセドウ病になりませんか?
 Q58 子どもにバセドウ病が遺伝しているかどうかは何歳くらいに調べればよいでしょうか?
 Q59 バセドウ病の治療を受け,甲状腺機能は良い状態で安定しているのですが,なかなか妊娠しません.
   バセドウ病が不妊症の原因でしょうか? 不妊治療を受けてもよいでしょうか?
4-7 バセドウ病で起こる眼の異常(バセドウ病眼症)
 Q60 バセドウ病眼症ではどのような症状がみられますか?
 Q61 バセドウ病眼症では眼にどのような変化が起こっているのでしょうか?
 Q62 甲状腺の病気であるバセドウ病でなぜ眼にも異常が出るのですか?
 Q63 甲状腺機能亢進症が改善すればバセドウ病眼症も良くなりますか?
 Q64 複視(物が二重に見える)を治すことはできますか?
 Q65 眼瞼腫脹(まぶたが腫れる)を治すことはできますか?
 Q66 眼瞼後退(まぶたがつり上がって眼が見開いたようになる)を治すことはできますか?
 Q67 眼球突出(眼が出る)を治すことはできますか?
 Q68 バセドウ病眼症の変化は今のところ出ていませんが,将来起こってくる可能性はありますか?
4-8 バセドウ病と心の問題
 Q69 ストレスとバセドウ病のあいだにはどのような関係があるのでしょうか?
 Q70 ストレスに対してはどのように対処すればよいでしょうか?
 Q71 バセドウ病は心の状態にどのように影響しますか?
 Q72 気分が沈んだり,いらいらしやすいのですが,甲状腺機能は正常化しているので,甲状腺とは関係がないと
   言われました.心療内科や精神科にかかったほうがよいでしょうか? カウンセリングを受けるのは効果が
   ありますか?
4-9 バセドウ病に関係するその他のこと
 Q73 バセドウ病に心房細動を合併しています.今後どうなりますか?
 Q74 バセドウ病と診断されたときに,骨密度検査で骨の密度が減っていると言われました.どうすれば
   よいでしょうか?
 Q75 バセドウ病と診断される前に,かなり筋力が落ちました.回復しますか?
 Q76 バセドウ病と診断される前に,まったく手足が動かなくなる発作を経験しました.これからも
   起こるのでしょうか?
 Q77 バセドウ病と診断された男性ですが,乳房が大きくなって,痛みがあります.治りますか?
 Q78 バセドウ病で抗甲状腺薬治療を受けています.超音波検査で腫瘍の合併が見つかりましたが,
   どうすればよいでしょうか?

第5章 橋本病,甲状腺機能低下症の疑問,悩みに答えます
5-1 橋本病の原因と診断
 Q79 橋本病ではどのような症状が現れますか?
 Q81 健診で甲状腺の腫れが見つかり,橋本病と診断されました.間違いないでしょうか?
 Q82 人間ドックの検査で甲状腺ホルモンの低下が見つかり,橋本病と診断されました.間違いないでしょうか?
 Q83 どんなときに橋本病は悪くなるのですか?
 Q84 甲状腺機能正常の橋本病で定期的に検査を受けていました.急に甲状腺ホルモンが高くなりましたが,
   バセドウ病に変わったのでしょうか?
5-2 橋本病,甲状腺機能低下症の経過観察と治療
 Q85 橋本病と診断されました.甲状腺機能は正常なので治療の必要はないと言われましたが,今後
   どのようにすればよいでしょうか?
 Q86 橋本病で甲状腺機能は正常です.日常生活ではどのような点に注意すればよいでしょうか?
 Q87 甲状腺機能低下症と診断されました.今後どのようにすればよいでしょうか?
 Q88 甲状腺機能低下症で甲状腺ホルモン剤を内服しています.甲状腺ホルモン剤の量が適切かどうかはどのように
   判定するのですか?
 Q89 甲状腺機能低下症で甲状腺ホルモン剤を内服しています.内服は一生続けるのでしょうか?
 Q90 甲状腺機能低下症で甲状腺ホルモン剤を内服しています.副作用はありますか?
 Q91 甲状腺機能低下症で甲状腺ホルモン剤を内服しています.一緒に内服する場合に注意の必要な薬剤は
   ありますか?
 Q92 必要な甲状腺ホルモン剤の量が決まり,忘れることなく同じ量を内服しているのですが,検査では
   甲状腺ホルモンが足りないと言われることがあります.どうしてでしょうか?
 Q93 甲状腺機能低下症で甲状腺ホルモン剤を内服しています.日常生活ではどのような点に注意すれば
   よいでしょうか?
 Q94 橋本病で通院していますが,甲状腺の腫れが大きくなってきました.どういうことが
   考えられるでしょうか?
5-3 橋本病,甲状腺機能低下症と妊娠,出産,遺伝
 Q95 甲状腺機能正常の橋本病で甲状腺ホルモン剤は内服していません.妊娠を望んでいますが,何か
   問題はありますか?
 Q96 甲状腺機能低下症の橋本病で甲状腺ホルモン剤を内服しています.妊娠を望んでいますが,何か
   問題はありますか?
 Q97 子どもに橋本病が遺伝するのではないかと心配です.どうなのでしょうか?
 Q98 橋本病なのですが,不妊治療を受けてもよいでしょうか?
 Q99 これまで甲状腺の病気はありませんでした.妊娠中の検査でTSHの値は正常なのですが,FT4が低いことが
   わかりました.治療が必要でしょうか?
 Q100 不妊クリニックの検査でTSHの値が2.5μU/mLよりも少し高いので甲状腺ホルモン剤の内服を考えたほうが
    いいと言われました.本当に内服が必要なのでしょうか?
5-4 橋本病,甲状腺機能低下症に関係するその他のこと
 Q101 抗核抗体が陽性と言われましたが,膠原病なのでしょうか?
 Q102 橋本病をもっていると,関節リウマチにかかりやすいと聞きましたが,本当ですか?
 Q103 薄毛で悩んでいるのですが,甲状腺機能低下症で起こることがあると聞きましたが本当ですか?


第6章 軽度の甲状腺機能の異常
 Q104 甲状腺ホルモンがわずかに低い(潜在性甲状腺機能低下症)と言われました.どのように対処すれば
    よいでしょうか?
 Q105 甲状腺ホルモンがわずかに高い(潜在性甲状腺機能亢進症)と言われました,どのように対処すれば
    よいでしょうか?

第7章 甲状腺腫瘍の疑問,悩みに答えます
 Q106 甲状腺腫瘍が見つかりました.手術が必要でしょうか?
 Q107 甲状腺腫瘍が見つかり,穿刺吸引細胞診で悪性ではないと言われました.安心してよいでしょうか?
 Q108 甲状腺乳頭がんと診断されました.大きさが1cm以下なので経過をみましょうと言われましたが,
    大丈夫でしょうか?
 Q109 甲状腺の良性腫瘍と診断され,経過観察を受けています.腫瘍が大きくなってきましたが,
    どうすればよいでしょうか?
 Q110 良性腫瘍が悪性腫瘍に変わることはあるのでしょうか?
 Q111 血縁者が甲状腺がんで手術を受けました.私も甲状腺の検査を受けたほうがよいでしょうか?

第8章 甲状腺の病気をもっている方に共通する疑問
 Q112 市販薬の注意書きに「甲状腺機能障害の方は使用前に医師に相談してください」と記載してありました.
    内服しても大丈夫でしょうか?
 Q113 虫歯が進行して抜歯をすることになりました.甲状腺の病気をもっていますが,大丈夫でしょうか?
 Q114 造影剤を使う検査を受けることになりました.甲状腺の病気をもっていますが,大丈夫でしょうか?
 Q115 甲状腺の病気をもっていますが,海藻類は控えたほうがよいでしょうか?

付録/日本甲状腺学会認定専門医施設(都道府県別)

索引

●MEMO●
甲状腺の歴史
自己免疫と自己抗体
経皮エタノール注入療法
治癒と寛解
バセドウ病眼症に対するステロイドパルス療法
バセドウ病眼症に対する放射線治療
NTI

ページの先頭へ戻る

序文

はじめに

 甲状腺の病気をもっている方の疑問にできる限り正確に答えたい,一般の方を対象にしているからといって医師向けの本よりレベルの低い本にはしたくない,このような思いで第1版を出版しました.お陰さまで非常に多くの方にお読みいただいたことをうれしく思っています.一般の方を対象にした本ですが,できる限り最高の知識を盛り込みたいという考えで書いたこともあり,この本を患者指導の参考書として利用してくださっている医師も多く,そして高い評価もいただきました.ただ気がかりなのは,一般の方にはやや利用しにくい本になっていたのではないかということです.
 
 今回改訂することになったのは,もう少し一般の方が利用しやすいように手引きをつけたいと思ったからです.もちろん,出版後に明らかになってきた新しい医学情報に基づいて内容の見直しも行いました.さらに,発刊後3年の間にすみれ甲状腺グループウェブサイトの甲状腺の病気に関する質疑応答コーナーに寄せられた質問の中から,追加すべきと思われた項目も書き加えました.甲状腺の病気をもっている方の疑問,不安のすべてに答える形になったと思います.

 甲状腺の病気は,正しい診断をもとにきちんとした治療がなされれば,それほど心配な病気ではありません.本書が,甲状腺の病気で悩んでいる方に甲状腺に関する最高の知識をわかりやすくお伝えする役割を果たし,そして安心して病気と付き合うための一助になればこの上ない幸せです.

平成25年12月
一般社団法人 すみれ甲状腺グループ代表 浜田 



初版 はじめに

 甲状腺の病気について,不安や疑問がたくさんある,もう少し詳しいことが知りたい,でも担当のドクターは忙しそうにしていてなかなか聞けない,思うような回答の書いてある本にもめぐり会えないと悩んでいる方のためにこの本を出版しました.

 甲状腺の病気をもっている方はさまざまな不安や悩みを抱えています.その理由は,次のような事柄が関係しています.
 ・ 間違った情報が多く,それに惑わされやすい.
 ・ 診察時に医師が病気の説明に十分時間をかけられない.
 ・ 甲状腺の病気に関するあらゆることについて正確な知識をもった医師が少ない.
 ・ 甲状腺の病気は若い女性に多く,結婚や妊娠に関係する不安がある.
 ・ 眼などの容姿にかかわる症状のために精神的に悩むことが多い.
 ・ 治療が長期にわたるので経済的にも負担が大きい.

 これまで私は,甲状腺を専門にしていない医師でも,甲状腺の病気について最新,最高の知識に基づいて,診療していくことのできるガイドブックを書いています.今回,その医師向けのガイドブックと同じレベルの内容で,しかも一般の方が読んでもわかりやすい本を作ることができれば,甲状腺の病気をもっている多くの方の不安や悩みを解消できるはずだと考えました.そして,医師向けのガイドブックのような構成ではなく,甲状腺の病気をもっている方の立場に立って,疑問や悩みに焦点をあてて,その一つひとつを徹底的に解説してみようと思い,この本を企画しました.

 私が代表を務めている一般社団法人すみれ甲状腺グループは,「高度な甲状腺実地診療の普及を図り,もってわが国における甲状腺診療の発展と国民の健康・福祉に寄与する」ことを目的とする団体です.多くの優秀な医師がこの理念に賛同して,私のもとに集まってくれました.そして,甲状腺疾患の診療,研究に従事しながら,もてるすべての知識,経験を注ぎ込んで,すみれ甲状腺グループ所属の医師全員でこの本を書き上げました.

 この本が,甲状腺の病気をもつ方の不安や疑問を解消するものになれば,この上ない幸せです.

平成22年11月
一般社団法人 すみれ甲状腺グループ代表 浜田 昇