HOME > 書籍詳細

書籍詳細

そこが知りたい!成人の予防接種パーフェクト・ガイド診断と治療社 | 書籍詳細:そこが知りたい!成人の予防接種パーフェクト・ガイド

東北大学加齢医学研究所抗感染症薬開発研究部門教授

渡辺 彰 (わたなべ あきら) 編集

川崎医科大学小児科学講座教授

尾内 一信(おうち かずのぶ) 編集

初版 A5判 並製 248頁 2014年01月30日発行

ISBN9784787820693

定価:本体3,800円+税
  

ご覧になるためにはAdobe Flash Player® が必要です  


『成人の受けるべき/受けるほうがよいワクチン』についての,初めての本格的な解説書.なぜ成人が予防接種を受けなくてはいけないか,また成人が受けるべきワクチンとその実践的な指針について,忙しい外来でも参照できるよう簡潔に解説した.また,医療者の日常診療で想定される質問とその回答,ならびに,患者さんから聞かれることの多い質問とその答え方を,Q&A形式で多数掲載.第一線の内科医,医療・保健関係者に活用いただきたい1冊.

関連書籍

ページの先頭へ戻る

目次

序文 …渡辺 彰,尾内一信 

序章 成人における予防接種がなぜ重要か? …渡辺 彰

第Ⅰ章 内科医に必要な予防接種のポイント
1.インフルエンザワクチン …永井英明
2.成人用肺炎球菌ワクチン …渡辺 彰
3.B型肝炎ワクチン …四柳 宏
4.子どものときに接種しなかったワクチン
1)麻疹風疹混合ワクチン …多屋馨子
2)ムンプスワクチン …船木孝則,宮入 烈
3)日本脳炎ワクチン …寺田喜平
4)ポリオワクチン …中野貴司
5.海外渡航者用ワクチン(トラベラーズワクチン)
1)A型肝炎ワクチン …渡邊 浩
2)破傷風トキソイド …渡邊 浩
3)狂犬病ワクチン …春木宏介
4)黄熱ワクチン …菊池 均
6.医療従事者に必要なワクチン
 ~院内感染対策および職業感染対策として~ …國島広之
7.ヒトパピローマウイルス(子宮頸がん予防)ワクチン … 今野 良
8.今後の成人ワクチン
1)髄膜炎菌ワクチン … 尾内一信
2)腸チフスワクチン …尾内一信
3)コレラワクチン …栗田 直,濱田篤郎
4)ダニ媒介性脳炎ワクチン …福島慎二
5)帯状疱疹ワクチン …川上和義
6)Tdapワクチン …岡田賢司
7)その他(開発中のワクチンを含む) …尾内一信

第Ⅱ章 予防接種の実施
1.予防接種のメリットとデメリット …中山哲夫
2.生ワクチンと不活化ワクチン …三瀬勝利
3.ワクチンの成分と保存条件 …三瀬勝利
4.予防接種の実施
1)問診・予診票 …田中孝明
2)接種不適当者と接種要注意者 …田中孝明
3)ワクチンの接種量 …田中孝明
4)接種部位と手技 …田中孝明
5)接種間隔と複数のワクチンの同時接種について …田中孝明
6)予防接種の記録 …田中孝明
7)副反応とその対応 …田中孝明
5.副反応と補償制度 …中野貴司

第Ⅲ章 予防接種で考慮すべき状況とリスクマネジメント
1. 特殊な状況での予防接種の注意点
1) 最近,他の予防接種を受けた場合 …川名明彦
2) 最近,感染症に罹患して治った場合 …川名明彦
3) アナフィラキシーとアレルギーがある場合 …浦上宗治,青木洋介
4) 慢性疾患(糖尿病,腎疾患など)がある場合 …平松和史
5) 免疫不全症や免疫抑制薬使用がある場合 …岡田賢司
6) 妊婦・授乳婦 …山岸由佳,三鴨廣繁
7) 海外渡航者の接種において考慮すべきこと …濱田篤郎
2. 外来における予防接種の事故予防
 ―誤接種の具体例と対策 …峯 真人

第Ⅳ章 予防接種に関するQ&A
 医療者からのQuestion
 患者さんからのQuestion

appendix ワクチンの製造元・販売元一覧

ページの先頭へ戻る

序文

今,ワクチンに対するわが国の考え方が大きく変わろうとしています.
 これまでわが国では,ワクチンといえば子どもが接種するものが中心でした.そのため,ワクチンと聞けば,「子どものときに受ける予防接種」というイメージを医療者も含め,一般的にもっていました.しかし,もっぱら子どもが対象だったインフルエンザワクチンは,2000年頃より高齢者への接種が増加し始め,現在では65歳以上の高齢者の接種率が50%を超えて,先進国と肩を並べるに至りました.
 しかし,その他のワクチンの普及はいまだ進んでいません.子どものときに受けなかった風疹ワクチンを大人になってから受けたり,海外への赴任や長期間旅行するときのワクチン接種はようやく普及し始めましたが,欧米先進国,たとえば米国での接種率が60%を超えている肺炎球菌ワクチンのわが国での接種率はいまだ20%前後です.このことが,東日本大震災後の感染症のアウトブレイクがインフルエンザではなく肺炎であったことにつながっているとも考えられますが,このような災害時だけでなく,平常時からワクチンによる感染症予防を図ることが重要であり,またそのことが,超高齢社会に突入したわが国の高騰する医療費の抑制にもつながります.
 本書は,前述したようなワクチン以外にも,成人で接種を考えるべき種々のワクチンについてわかりやすく解説するとともに実戦的な指針を示し,あわせて,ちょっとした疑問にも答えられるような内容を網羅しています.第一線の内科臨床医,医療・保健関係の方々を中心とした多くの医療者にご活用をいただきたいと考え,たとえば,忙しいクリニックでぱっと参照できるような要点を押さえた簡潔な解説を心がけました.また,教科書的ではなく,How toがすぐにわかるような見出しを多用するとともに,表やチャートを多く利用するなど工夫しました.日常臨床で想定されるちょっとした疑問や,おきがちなエラーについてのQ & A(医師向け),また,患者さんから聞かれることの多い質問とその答え方(患者さん向け)などについても多数掲載しております.
 ぜひ,本書を日常の臨床,日常の業務にご活用いただきたいと思います.

平成25年12月
 東北大学加齢医学研究所抗感染症薬開発研究部門 教授 渡辺 彰
 川崎医科大学小児科学講座 教授 尾内一信