HOME > 書籍詳細

書籍詳細

看護学生・新人のための
看護ケアに活かす 感染対策ガイド 改訂第2版診断と治療社 | 書籍詳細:看護ケアに活かす 感染対策ガイド 改訂第2版 動画

川崎医療福祉大学医療福祉学部子ども医療福祉学科/笠岡第一病院小児科

寺田 喜平(てらだ きへい) 監修

川崎医科大学附属病院感染管理室

大石 智洋(おおいし ともひろ) 編集

川崎医科大学附属病院感染管理室

平田 早苗(ひらた さなえ) 編集

川崎医療短期大学看護科

登喜 玲子(とき れいこ) 編集

川崎医療福祉大学保健看護学科

波川 京子(なみかわ きょうこ) 編集

改訂第2版 B5判 並製 192頁 2019年03月31日発行

ISBN9784787823632

定価:本体2,900円+税

  

ご覧になるためにはAdobe Flash Player® が必要です  


感染対策を学ぶ看護学生・新人ナースのための好評書が,パワーアップして改訂!最新情報を更新し,豊富な写真や図表に加えて主要な手技では動画も確認しながら読み進められるようになりました.巻末には資料として関連法令やガイドライン・微生物名一覧,さらに国試の過去問と解説を掲載.感染対策分野の授業・臨床・国試対策に役立つ1冊です.

関連書籍

ページの先頭へ戻る

目次

カラー口絵
はじめに  寺田喜平
執筆者一覧
動画再生方法
動画一覧

第1章 感染症にかかわる検査
 A.検査の流れと種類   河口 豊
 B.検体の採り方   石松昌己

第2章 スタンダードプリコーション
 A.院内感染対策の基本   大石智洋
 B.スタンダードプリコーションの考え方   田口剛士
 C.感染経路別予防策の考え方   田口剛士
 D.洗浄・消毒・滅菌   小坂まり子

第3章 感染予防のための基本テクニック
 A.手指衛生   平田早苗
 B.個人防護具の使用方法   細川京子
 C.無菌テクニックと滅菌物の取り扱い   細川京子
 D.針刺し・切創の予防方法   平田早苗
 E.環境整備   波川京子
 F.物品の管理   波川京子

第4章 ナースの日常ケアと感染予防
 A.注射・点滴   岡田みどり
 B.採血   黒田裕子
 C.血管内カテーテル(中心静脈)   篠原久恵
 D.尿道留置カテーテル   平田早苗
 E.人工呼吸器   大坂 卓
 F.口腔ケア   桝本朋子
 G.手術   世良紳語
 H.人工透析   松田真哉
 I.経管栄養(経鼻,PEG)   溝内育子
 J.創傷(褥瘡を含む)   松本啓子
 K.内視鏡   吉岡ゆかり
 L.在宅での医療廃棄物の処理方法   桝本朋子

第5章 ナースの疾患別看護のポイント
 A.インフルエンザ   石井陽子
 B.細菌性腸炎   阿部裕美
 C.ウイルス性胃腸炎(ノロウイルス,ロタウイルス,アデノウイルスなど)   阿部裕美
 D.メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染症   松田真哉
 E.クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)   冬室純子
 F.薬剤耐性菌(VRE,CRE,MDRPなど)   木下輝美
 G.疥癬   森戸雅子
 H.結核   形山優子
 I.HIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染症/AIDS(後天性免疫不全症候群)   杉浦絹子
 J.性感染症(梅毒,淋病,クラミジア)   登喜玲子
 K.HBV/HCV感染(B型肝炎/C型肝炎)   三宅晴美
 L.麻疹,風疹,水痘,流行性耳下腺炎,伝染性紅斑   寺田喜平

第6章 ナースが知っておくべき抗菌薬・予防接種の基礎知識
 A.抗菌薬   藤井哲英,北川誠子
 B.予防接種   寺田喜平
 C.抗菌薬の適正使用   大石智洋

資料
 A.感染管理体制と役割   中新美保子
 B.感染症に対するチーム医療と看護専門職の役割   家入裕子
 C.サーベイランス   菅野みゆき
 D.学校出席停止期間   米嶋美智子
 E.参考となるガイドライン一覧   西田洋子
 F.主な微生物名一覧   田村昌代
 G.感染症法(保健所への届け出)   富田早苗
 H.国試問題と解説・正答   富田早苗,石井陽子,西田洋子

 INDEX

ページの先頭へ戻る

序文

はじめに

 『看護学生・新人のための看護ケアに活かす感染対策入門ガイド』は,おかげさまで好評をいただき,増刷をさせてもらいました.さらに初版から約5年経ち,改訂第2版を上梓しないかと相談をいただき,改訂することになりました.今回,編者は新しく川崎医療福祉大学保健看護学科波川京子教授,川崎医療短期大学看護科登喜玲子教授,さらに川崎医科大学附属病院感染管理室大石智洋医師(准教授),平田早苗CNIC(師長)になり,執筆者も大幅に変更となりました.
 本書の特長は学生や若手の看護師を対象にし,前回同様実習にも使える実践に即した入門書を目指している点です.そのため,初版も写真や図表を用いてわかりやすくしていましたが,さらに今回QRコードを用いて,動画で視覚的にもっとわかりやすくしました.意欲ある学生や看護師には,さまざまなガイドラインのリストをあげていますので,調べることも可能です.また「DON’T!!」や「POINT」も役に立つでしょう.前回はおさらいテストでしたが,国家試験の過去問から重要な問題を選び,もっと国家試験対策もできるようにしました.英文の微生物の読み方や略語もわかるようにしました.
 今回も,さまざまな工夫や大幅な改訂を行いました.新しく新設された項目はクロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI),性感染症(梅毒,淋病,クラミジア),抗菌薬の適正使用などです.しかし,まだまだ至らないところが多々あると思います.どうか忌憚のない意見をいただき,また改訂する機会がありましたら,改善したいと思っています.
 最後に出版にあたり,ご多忙中原稿を執筆してくださった先生方に心より感謝します.また,何度もくじけそうになったところを我慢強く待ってくれました診断と治療社の宇佐美有紗さんに深謝します.ありがとうございました.

2019年3月吉日
川崎医療福祉大学医療福祉学部子ども医療福祉学科
笠岡第一病院小児科
寺田喜平