HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:小児科診療

小児科診療

最新の情報からベーシックな知識までわかりやすくお届けします!

読者の要望にお応えすべくup-to-dateな特集を提供.内容の充実とわかりやすい解説に腐心しました.

一目で要点をとらえ,本文へ読みすすみやすいレイアウト.

「増刊号」・「特大号」を年各1冊発行.読者の厚い信頼に応える内容で日常診療に不可欠な情報満載.

連載「Photo Quiz」ではビジュアルに画像診断のポイントを解説.

2022年 Vol.85 No.6 2022-05-12

小児神経検査マニュアル

定価:3,080円(本体価格2,800円+税)

冊 
次号予告

2022年 Vol.85 No.7 2022年06月発売予定
特集/血液・腫瘍疾患,急ぐべき時は「今」


今後の特集(予定)

Vol.85 No.8 特集/小児在宅医療をすすめるために

Vol.85 No.9 特集/くわしく知ろう小児の機能性消化管疾患

Vol.85 No.10 特集/食物アレルギー

Vol.85 No.秋増刊号 特集/今考える,移行期医療

Vol.85 No.11 特集/感染症診療における迅速検査を知る

Vol.85 No.12 特集/「医療情報」の利活用 現在と未来

ページの先頭へ戻る

掲載論文

序 文  /石垣景子

Ⅰ.各検査の目的と方法
脳波検査  /伊藤 進
表面筋電図検査/針筋電図検査  /石山昭彦
大脳誘発電位  /木村一恵
末梢神経伝導検査  /藤井克則・他
終夜睡眠ポリグラフ検査,睡眠潜時反復検査  /福水道郎
神経筋超音波検査  /石山昭彦
骨格筋画像検査  /佐藤孝俊
髄液検査  /福與なおみ
先天代謝異常症検査  /李 知子
心理・発達・知能検査  /中務秀嗣

Ⅱ.症状・疾患からみた検査のすすめ方
てんかん,発作性疾患  /白石秀明
不随意運動(ジストニア)  /熊田聡子
末梢神経疾患  /荒畑幸絵・他
神経筋接合部疾患  /白井真規・他
筋疾患  /小牧宏文
自閉スペクトラム症  /星野恭子

症例報告
新規SCN11Aバリアントを同定した小児四肢疼痛発作症の1大家系例  /朽方豊夢・他

ページの先頭へ戻る

ねらい

小児神経検査マニュアル

石垣景子  /東京女子医科大学小児科

 日常診療において,小児神経疾患と遭遇する機会は少なくありません.小児神経疾患と一括りにいっても,てんかん,神経発達症,神経感染症,神経変性疾患,神経免疫,神経筋疾患,末梢神経疾患など多岐にわたり,これらの診断手順,検査方法をすべて把握することは,小児神経専門医であったとしても容易ではないでしょう.頭部画像以外の,小児神経疾患の臨床生理検査や負荷試験に関して,具体的に記載されている書物は少なく,専門施設に一任されています.また希少疾病であるため,遭遇する機会が少なく,以前に経験を報告した同一施設内でも情報を維持するのは困難です.一方,内分泌疾患においては,負荷試験マニュアルが定期的に出版されており,検査にかかわる情報が維持され,普及したことで,内分泌疾患の早期診断,治療に結びついているといえます.このため,今回,小児神経疾患の検査方法に関する情報を統合し,マニュアル化することで,非専門施設であってもタイミングを逃さず診断できることを目標といたしました.
 本特集では,研修医,若手医師だけでなく,小児科医の誰もが安心して小児神経疾患の検査に臨めることを目的としています.特に,小児における具体的な検査方法,検査時の注意点の記載に力を入れていただき,本特集をみれば検査が実際に行えるような,現場で役立つ記載をお願いしました.重症筋無力症の診断に塩酸エドロホニウム試験が必要であることは研修医でも知っていますが,小児に対し,体重あたりどのくらいの量のエドロホニウム塩化物注射液を入れ,どのような副作用が生じ得るか,あらかじめ準備しておくものは何かなどは,意外に得にくい情報です.周囲に依頼できる専門施設がなく,自分で実際に行わなければならない場合,多大な不安を伴うこととなりますが,このような場面で役立つことを一番の目的としています.また,先天代謝異常症の鑑別において,全例に尿中有機酸分析やアミノ酸分析を提出する若手医師が多くみられますが,これらの検査にどのような意味があるのか,もう一度検査の意義を見直す契機としていただければと思います.
 「I.各検査の目的と方法」では,各検査に焦点をあて,専門医の先生方に,どのような症状,疾患を疑った場合に検査を行うか,検査時の注意点などを,研修医が理解,実施できるように具体的にご説明をいただきました.脳波検査,誘発電位などの基本的な検査から,最近話題となっている神経超音波検査,骨格筋画像検査などの新しい検査方法までを紹介していただいています.また,「II.症状・疾患からみた検査のすすめ方」では,I.をふまえ各疾患の専門家の先生方に,実際にどのように検査を駆使して,診断をすすめていくか,鑑別のフローや具体的な手順に関して,解説をお願いしました.
 小児神経疾患の早期診断,早期治療を目標として,日々の診断に役立てていただければ幸いです. ご多用にもかかわらず,本特集の原稿の執筆をご快諾くださいました先生方にこの場をお借りして,深く感謝申し上げます.

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は論文単位でPDFファイルのダウンロード購入
が可能です.詳細はメディカルオンラインへ            

2022年 Vol.85
No.6 特集/小児神経検査マニュアル最新号
No.5 特集/研修医・専攻医・指導医のための小児科研修指南
No.春増刊号 特集/小児画像診断のコツ
No.4 特集/サイトカインストームと小児疾患
No.3 特集/症例から考える小児泌尿器疾患小児病院での私のみかた
No.2 特集/子どもの事故(傷害)いかに防ぐか
No.1 特集/基礎理論に基づいた小児漢方診療
2021年 Vol.84
No.12 特集/治療可能な先天代謝異常症を診断しよう!
No.11 特集/小児遺伝子疾患事典
No.10 特集/頭痛診療の基本から最新の知見まで
No.9 特集/おさえたい川崎病ガイドラインのツボ
No.8 特集/発生学から考えてみよう!小児の先天疾患
No.7 特集/小児栄養 UP to DATE
No.6 特集/統計的分析手法と研究デザイン
No.5 特集/乳幼児健診実践ガイド
No.増刊号 特集/〜エキスパートの経験に学ぶ〜小児科 Decision Making
No.4 特集/小児科医の疑問に答える!子どもと新型コロナウイルス
No.3 特集/災害時の小児医療〜災害の経験を今後に活かす〜
No.2 特集/新ガイドラインの理解を深める 新生児マススクリーニング
No.1 特集/学童期の神経疾患のファーストタッチから専門診療へ
2020年 Vol.83
No.12 特集/医療安全とともに学ぶ「小児の鎮静」
No.11 特集/予防接種パーフェクトガイド
No.10 特集/小児の学際的な睡眠医療 基礎から臨床をつなぐ
No.9 特集/NICU卒業生の予後と診療のポイント
No.8 特集/小児科医の将来を考える
No.7 特集/研修医と指導医に贈る 小児科学研究・論文のススメ
No.6 特集/たかが便秘,されど便秘−小児の便秘を科学する
No.5 特集/研修医必携!心電図判読のコツ
No.増刊号 特集/症候・疾患からみる小児の検査
No.4 特集/小児血液・腫瘍疾患の最前線
No.3 特集/変わりつつある免疫不全症
No.2 特集/知っていますか?小児科領域のスポーツ障害
No.1 特集/神経筋疾患,新たな治療の時代へ
2019年 Vol.82
No.12 特集/子どもの性を多角的に理解しよう
No.11 特集/知っておくべき・知っておきたい小児の皮膚疾患/症状
No.10 特集/子どものこころ診療エッセンス
No.9 特集/小児の食中毒
No.8 特集/子どものあたま、かお、くびの病気〜コンサルのタイミング
No.7 特集/小児循環器領域の生涯包括遺伝医療
No.6 特集/小児感染症のいまを読み解く
No.5 特集/研修医の「そこが知りたい!」小児アレルギーの疑問
No.増刊号 特集/小児の診療手技
No.4 特集/小児科医に知ってほしいミトコンドリア病UPDATE
No.3 特集/小児のインバウンド医療:国境を越えて移動する子ども
No.2 特集/症例からみた小児集中治療
No.1 特集/小児呼吸器疾患のファーストタッチから専門診療へ
2018年 Vol.81
No.11 特集/今さら聞けない? 小児救急の総復習
No.増刊号 特集/小児の治療指針
2017年 Vol.80
No.増刊号 特集/小児科ケースカンファレンス