HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:診断と治療

診断と治療

最新の医学情報を最高の執筆陣でお届けする内科総合雑誌のパイオニア!

わが国の内科総合誌のパイオニアで,数ある総合誌のなかでも抜群の安定性と評価を誇る.

新進気鋭の編集委員を迎え,最新情報を盛り込み読みごたえ満点.

連載「心電図は1枚の窓」「注目の新薬」「医療裁判の現場から」.

増刊号も毎回シャープな切り口と実際的な内容が大好評.

2色刷のビジュアルな誌面.

2022年 Vol.110 No.4 2022-04-05

知っておきたい血栓予防療法のエッセンス

定価:2,860円(本体価格2,600円+税)

冊 

ページの先頭へ戻る

掲載論文

ねらい  森田啓行

◆血栓形成の病態生理と抗血栓薬
血栓形成制御における最近のトピックス  堀内久徳
動脈血栓と静脈血栓  大森 司
抗血小板薬の作用機序と使い方  夏秋政浩,他
経口抗凝固薬の作用機序と使い方  後藤信哉
へパリンの作用機序と使い方  森永將裕,他

◆各種血栓予防療法
下肢・骨盤内静脈血栓症の治療  荻原義人
肺血栓塞栓症予防  重歳正尚,他
心房内血栓予防  天木 誠
非弁膜症性心房細動患者における心房内血栓予防  有田卓人,他
心室内血栓予防  藤野雅史,他
人工弁置換術後の抗凝固療法  中井秀和,他
TAVI後の血栓予防  阿佐美匡彦,他
冠動脈血栓予防  松田 剛,他
脳血管血栓予防  杉森 宏,他
下肢動脈血栓症予防  榛沢和彦

◆抗血栓薬の調整による出血副作用のコントロール
術前の抗血栓薬休薬  藤川貴久
消化器内視鏡診療時の抗血栓薬休薬  柴田寛幸,他
抗血栓薬の3剤併用を回避する  中川義久

連 載
◎心電図は1枚の窓
初発心不全の際に持続性頻脈を呈した44歳女性  中村玲奈
◎注目の新薬
フォシーガ®(ダパグリフロジン)  深水 圭

臨床例
腫瘍崩壊症候群を合併した混合型小細胞癌の1剖検例  川口裕子,他

ページの先頭へ戻る

ねらい

 血栓の発生・再発予防,血栓塞栓症の発症予防,人工弁や冠動脈ステントの治療効果の維持など,心血管疾患診療の様々な局面で抗血栓療法が必要であり,現行の各診療ガイドラインには各病態における抗血栓療法に関して詳細に言及されている.循環器科診療に限らず一般の内科診療においてもアスピリンやワルファリンなど抗血栓薬を内服している症例は多いことから,一般内科医にも抗血栓療法に関する正確な知識が求められる.
 抗血栓薬は,アスピリンなどの抗血小板薬と,ワルファリン・直接経口抗凝固薬(DOAC)などの抗凝固薬に大別されるが,各病態においてどのような使い分けをすべきなのか? ワルファリン用量調節時のPT—INR目標値は? 非弁膜症性心房細動患者におけるCHA2DS2—VASc スコア算出とそれに引き続くDOAC選択はどのようにすればよいのか? 生体弁による人工弁置換術後のワルファリン投与期間は? 経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI)後の抗血栓療法に関するコンセンサスは? など,抗血栓療法のdecision—makingに際しては多くの知識が必要である.
 また,実際に抗血栓療法を行う際には,出血リスクを最小限に抑えることを常に意識しなくてはならない.例えば,冠動脈ステント留置術後の抗血小板薬2剤併用(DAPT)はどのくらいの期間継続すべきか? これまでに多くの大規模臨床試験が行われ,各診療ガイドラインにも推奨継続期間が記載されている.外科手術や消化管ポリペクトミーに先立ち,抗血栓薬内服はいつから休薬すればよいのか? 薬剤によってそれぞれ異なる休薬期間が推奨されている.また,冠動脈ステント留置術後の抗血小板薬2剤併用 (DAPT)と非弁膜症性心房細動などに対する抗凝固薬1剤の併用,すなわち抗血栓薬3剤併用は出血リスクが大きい.2剤併用へと切り替えることにより3剤併用時に比して血栓予防効果をほとんど減弱させることなく出血リスクを抑えることができる.このようにリアルワールドでは血栓予防効果と出血リスクとのトレードオフを考慮した,最善の抗血栓療法選択が求められている.
 本特集「知っておきたい血栓予防療法のエッセンス」では,各領域における血栓予防の考え方,最新知識と現在の問題点に関して,エキスパートの先生方にわかりやすくご解説いただいた.本特集を通読いただき,抗血小板療法と抗凝固療法の使い分け,各領域における抗血栓療法の実際,出血リスクとのトレードオフを十分考慮した抗血栓療法の選択に関してさらに理解を深めていただき,日常診療における実際の抗血栓療法にお役立ていただければ幸いである.

東京大学大学院医学系研究科循環器内科学講座
森田啓行

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は論文単位でPDFファイルのダウンロード購入
が可能です.詳細はメディカルオンラインへ            

2022年 Vol.110
No.5 特集/認知症を取り巻く現状:バイオマーカー,根本治療薬ってなに?最新号
No.4 特集/知っておきたい血栓予防療法のエッセンス
No.増刊号 特集/明日の診療に役立つ 消化器内視鏡これ1冊
No.3 特集/かかりつけ医からみた糖尿病診療
No.2 特集/続・診断困難な痛みに向き合うケーススタディ
No.1 特集/慢性便秘症診療の最前線
2021年 Vol.109
No.12 特集/一般内科医に役立つ抗リウマチ薬の最新知識
No.11 特集/新型コロナウイルス感染症 理解と対策の現状
No.10 特集/血管炎の診断と治療:エッセンスと今後の展望
No.9 特集/オンライン診療・医療AI最前線
No.8 特集/健康食品・サプリメントを知る
No.7 特集/増えている大人の消化管アレルギー
No.6 特集/大きく進歩した造血器腫瘍の診断と治療
No.5 特集/脳卒中:内科医が知っておくべき最新診療
No.4 特集/一般内科医が知っておきたい最新の心筋症診療
No.増刊号 特集/診断と治療の手技−診察室これ1冊−
No.3 特集/輸液療法の基礎と実践
No.2 特集/最新の花粉症診療
No.1 特集/内科外来で見る急性腹症診療:見落とさないコツ
2020年 Vol.108
No.12 特集/日常診療で遭遇する睡眠-覚醒障害
No.11 特集/350人に1人 一般内科医が診る人工透析患者
No.10 特集/動脈硬化予防のための肥満・脂質異常症診療戦略
No.9 特集/コモンディジーズとしての骨粗鬆症診療
No.8 特集/膵疾患の診断・治療の進歩
No.7 特集/インバウンドに備える
No.6 特集/心疾患診療に活かす心臓リハビリテーション:まとめエッセンス
No.5 特集/診療困難な痛みに向き合うケーススタディ
No.4 特集/最新の高血圧診療-「高血圧治療ガイドライン2019」後の展開
No.増刊号 特集/必修エコー 体表から“せまる”全身エコーのアプローチ法
No.3 特集/フレイルとその予防対策
No.2 特集/ウイルス肝炎アップデート
No.1 特集/ここまで明らかになった小腸疾患
2019年 Vol.107
No.12 特集/新しい『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』を読み解く
No.11 特集/大人の発達障害
No.10 特集/高齢終末期に向かう医療
No.9 特集/「生活習慣病」診療の新潮流:この10年で何が変わった
No.8 特集/高齢者心不全に挑む
No.7 特集/実地内科医のための潰瘍性大腸炎診療ABC
No.6 特集/医療安全update−患者さんも医療スタッフも満足できる
No.5 特集/一般臨床医のための貧血診療 これだけ
No.4 特集/遠隔医療の進歩
No.増刊号 特集/内科医のための皮膚疾患アトラス
No.3 特集/かかりつけ医が知っておきたい糖尿病注射薬の知識
No.2 特集/診療に活かす薬理・ブラッシュアップ
No.1 特集/在宅栄養療法の最前線