HOME > 雑誌詳細

雑誌詳細

診断と治療社 | 雑誌詳細:診断と治療

診断と治療

最新の医学情報を最高の執筆陣でお届けする内科総合雑誌のパイオニア!

わが国の内科総合誌のパイオニアで,数ある総合誌のなかでも抜群の安定性と評価を誇る.

新進気鋭の編集委員を迎え,最新情報を盛り込み読みごたえ満点.

連載「視診で見抜く!皮膚疾患の診かた」「注目の新薬」など.

増刊号も毎回シャープな切り口と実際的な内容が大好評.

2色刷のビジュアルな誌面.

2024年 Vol.112 No.1 2024-01-10

フレッシャーズからベテランまで いま知りたい心房細動治療

定価:2,970円(本体価格2,700円+税)

冊 

電子版はこちらからご購入いただけます.
※価格は書店により異なる場合がございます.

https://www.m2plus.com/content/isbn/9784015011201
(外部サイトに移動します)
https://store.isho.jp/search/detail/productId/2406367870
(外部サイトに移動します)

ページの先頭へ戻る

掲載論文

ねらい  阿古潤哉

心房細動とは
 心房細動の疾患概念と疫学  中原志朗

病診連携
 プライマリ・ケア医が心房細動をみたら何をすべきか  小田倉弘典
 専門医紹介のタイミング  大西克実

抗凝固療法にまつわる諸問題
 抗凝固療法の適応と注意点  田中宣暁
 非心臓手術周術期の抗凝固管理  黒田俊介,林 英守
 カテーテルアブレーション時の抗凝固療法  松永泰治
 超高齢者における抗凝固療法  廣田尚美,鈴木信也
 他疾患合併例における抗凝固療法  深谷英平
 抗凝固療法中の出血への対応  萩原かな子,岩﨑雄樹

リズムコントロール
 抗不整脈薬による除細動の適応と注意点  篠原徹二
 電気的除細動の適応と注意点  野村丈紘,山下賢之介
 アブレーションの適応と注意点  徳田道史
 ペースメーカの適応と注意点  岸原 淳

レートコントロール
 レートコントロールの実際  林 達哉

新しい診断法・治療
 植込み型ループレコーダー  川治徹真
 ウェアラブルデバイス  妹尾恵太郎
 WATCHMAN™,外科的左心耳切除  福永真人

連載
視診で見抜く! 皮膚疾患の診かた
 ステロイド外用薬の適応でないのはどれか?  梅林芳弘
注目の新薬
 イジュド®(トレメリムマブ),イミフィンジ®(デュルバルマブ)併用療法  藤原裕大,黒田英克
弁護士が答えます! 法律相談クリニック
 若手医師に指導する際,パワハラを疑われないためには?  笹山桂一

ページの先頭へ戻る

ねらい

 急速な高齢化社会を迎えている日本において,加齢に伴って有病率の増加する心房細動は日常診療で数多く遭遇する疾患である.心房細動は心機能を低下させるのみならず塞栓症のリスクを高める.このため,その治療には脈のリズムや数をどのようにコントロールするかという問題と,塞栓症の治療をどのように組み立てていくかという問題に対処する必要がある.脈のリズムコントロールにおいては肺静脈のアブレーションが非常に多く行われるようになってきており,抗不整脈薬のみの時代とは大きくその様相を変えてきている.また,直接経口抗凝固薬(DOAC)の登場から10年たち,臨床現場での使用方法もかなりこなれたものになってきている.さらに左心耳閉鎖術の登場で,抗凝固療法を行いにくい患者に対しての治療を提供できるようになってきている.心房細動に対する診断と治療は日々進歩しているといえる.
 さて,本特集では,一般医家でも非常に多く遭遇するこの疾患に対し,まずはどのような対処が必要で,どのような患者を専門家に回せばよいのかなどの疑問点に関して答えを出せるような章立てから始めることとした.プライマリ・ケアの医師がまず何を行うべきなのか,どのような患者を専門医に紹介すべきなのかを最初にまとめていただいた.次に,特に抗凝固療法にまつわる様々な問題点,合併症に対する注意事項などに関して一般医家のみならず,専門病院の勤務医あるいは循環器内科医以外にも知っておいていただきたい内容に関して簡潔にまとめていただいた.さらに最近のリズムコントロールの方法とその注意点に関して,電気的除細動,薬物による除細動あるいはアブレーションについてもまとめて記載した.最後には新たな診断法として,植込み型ループレコーダーなどのデバイスによる診断に関しても記載していただいた.
 本特集は現時点における心房細動治療の最新の知識がまとめられている.まずは患者のゲートキーパーとなる一般医家から,紹介される側となる医療機関の医師にとっても参考になる情報をコンパクトにまとめた.また,図や写真も多く含まれており,医師以外の方にとっても非常に内容の濃い読み物になっている.本特集が心房細動治療にかかわるすべての方にとってお役に立つものと確信している.

北里大学医学部循環器内科学
阿古潤哉

ページの先頭へ戻る

当社発行の雑誌は論文単位でPDFファイルのダウンロード購入
が可能です.詳細はメディカルオンラインへ            

2024年 Vol.112
No.5 特集/日常診療で診るCKD 乗り遅れないための最新情報最新号
No.4 特集/Choosing Wisely 内科医の賢明な選択とは
No.増刊号 特集/よくわかる!精神疾患対応 これ1冊
No.3 特集/感染症を鑑別したあとは? 非感染性腸炎を見極める!
No.2 特集/ココが変わった 肥満症診療の最前線
No.1 特集/フレッシャーズからベテランまで いま知りたい心房細動治療
2023年 Vol.111
No.12 特集/NASH/NAFLDアップデート:患者数急増時代の実践ガイド
No.11 特集/頭痛診療の新たなステージ
No.10 特集/心筋炎・心膜炎,感染性心内膜炎を診る,治す
No.9 特集/動脈硬化性疾患・脂質異常症Update
No.8 特集/原因不明で経過する発熱,不明熱患者のみかた
No.7 特集/食道癌・胃癌・大腸癌,最近の診療を知る
No.6 特集/知っておきたい関節痛のみかた・考えかた
No.5 特集/甲状腺疾患アップデート:明日から役立つ最新知見
No.4 特集/虚血性心疾患:日常診療から専門医による治療まで
No.増刊号 特集/ポストコロナ時代の感染症診療
No.3 特集/日常診療における内分泌疾患
No.2 特集/外来通院患者に行う検査
No.1 特集/知っておきたい肝胆道疾患診療の最近の話題
2022年 Vol.110
No.12 特集/日常診療でみる二次性心筋症・全身疾患関連の心障害
No.11 特集/今おさえておきたい呼吸器診療
No.10 特集/心血管病の治療薬・予防薬の進歩
No.9 特集/歯周病が及ぼす全身疾患への影響
No.8 特集/患者指導,医師のこの一言が患者を変える
No.7 特集/消化管疾患と感染の最前線
No.6 特集/下部尿路機能障害(排尿障害)へのアプローチ
No.5 特集/認知症を取り巻く現状:バイオマーカー,根本治療薬ってなに?
No.4 特集/知っておきたい血栓予防療法のエッセンス
No.増刊号 特集/明日の診療に役立つ 消化器内視鏡これ1冊
No.3 特集/かかりつけ医からみた糖尿病診療
No.2 特集/続・診断困難な痛みに向き合うケーススタディ
No.1 特集/慢性便秘症診療の最前線
2021年 Vol.109
No.12 特集/一般内科医に役立つ抗リウマチ薬の最新知識
No.11 特集/新型コロナウイルス感染症 理解と対策の現状
No.10 特集/血管炎の診断と治療:エッセンスと今後の展望
No.9 特集/オンライン診療・医療AI最前線
No.8 特集/健康食品・サプリメントを知る
No.7 特集/増えている大人の消化管アレルギー
No.6 特集/大きく進歩した造血器腫瘍の診断と治療
No.5 特集/脳卒中:内科医が知っておくべき最新診療
No.4 特集/一般内科医が知っておきたい最新の心筋症診療
No.増刊号 特集/診断と治療の手技−診察室これ1冊−
No.3 特集/輸液療法の基礎と実践
No.2 特集/最新の花粉症診療
No.1 特集/内科外来で見る急性腹症診療:見落とさないコツ